FC2ブログ

最後の戦い ~江・大坂冬の陣~
ついに始まった、大坂の陣。
大坂城はコンスタンチノープル以東における最大最強の城閣と言われていたから、そう簡単に落ちるわけではない。
加えて、油断している人間と、攻めの一点に集中している人間とでは気概が違う。
真田の知略に翻弄された家康は、真田の寝返りを画作するようになる。
が、恨みこそあれ、何一つ恩にあずかったことはないからな。
(兄の信之は家康の家臣・本多忠勝の娘婿と言うこともあって、関ヶ原でも東軍についた。)

淀殿家康が死ぬまで戦い続けるつもりだったらしい。
それは武装して前線に赴いたところからもわかる。
ただ、どうも子煩悩が災いしたようで、秀頼も前線に出さなかった。
実際に仕事してわかるんだけど、現場のライン(司令官)や組織のトップが現場に赴くだけで、そこの士気は全く違ってくるんだ。
幸村もそこが不満だったようで。


そんなさなか、家康は豊臣と和睦をするために夜中に鬨の声をあげたり、大砲をうちこんだり、様々な牽制策を打っていた。
そのあたりと、堀を埋める点の件といい、家康のしたたかな面がうかがえる。



和睦後、秀忠が直々に淀殿秀頼に話をするが(これはおそらくフィクション)
そして和睦案

1.秀頼大阪城を出る
2.淀殿が人質として江戸に来る

のどちらか、(劇中は1)を求めるが・・・。

秀頼の人柄にほれた、のかどうかは不明。
いずれにしても以前の冷めた秀忠とは思えない熱さである。
しかし結局、大阪城育ちの秀頼は残ることを決意。
大阪城が自分の育ち場所、と言うのはわかるんだけどなあ。
幸村も、秀忠を不意打ちしようとおもえばできたものを、あえて戦いに持ち越した。
そのあたりに、雪村の潔さがうかがえる。


小説・徳川三代では、高台院が登場して
「もう私には何の力もない、太閤が偉すぎたのだ。」
と語るが、次回の高台院は何を見る?


今回のおまけ
青と赤編。

えむえむっ! 第7話 『真夏のトライアングルラブ』

Watch MM! BDRIP Episode 6 (Chinese Sub) in アニメ | View More Free Videos Online at Veoh.com


幕末機関説 いろはにほへと 第23話『箱館はあかく』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/10/30 20:53 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(6) |
| ホーム |