FC2ブログ

鬱になっても、残る証 ~映画『ツレがうつになりまして』感想~
見てきました、映画『ツレがうつになりまして』。

堺雅人と宮崎あおい、二回目の夫婦役だけど、相変わらず息があってるね。
ともすれば鬱展開になりかねないストーリーを、ユーモラスたっぷりなかけあいで明るさを保ってる。


高崎家の夫が鬱になる・・・ということ。

一応ポジティブシンキングなバリバリサラリーマンらしいが、それが伝わらなかったのが残念。
むしろ強かったのが、毎週のチーズや結ぶネクタイをきっちりかっちり決める、
という、几帳面というより極度の神経質な点。
そりゃあ、これだけ神経質だったら鬱にもなるわな。
理想と現状のギャップがどうしても大きくなるし


かたや宮崎あおい演じる妻はかなり大雑把な売れない漫画家。
これも正反対の者がひきつけあうというパターンか。
ネガティブ思考という設定。
こちらは物語が進むにつれ笑顔が目立ってくるという形か。
やはり彼女の笑顔はいいよね。
(恥ずかしい話だけど、最初作者は西原理恵子氏だと思ってました。)


ストーリーではツレは妻に強要され、会社を退職するという話だけど、本当は鬱状態で退職するのは、正常な判断ができないからまずいらしい。
まあ、実話を元にしてるからね。
そしてセロトニンを多く含む食物をたべたり、料理したりしながら生活。
うつ病の激しい気分の揺れを演じる堺雅人は、やはり演技派だと僕は思った。


様々な葛藤をかかえつつ、ツレが鬱になったと編集者に打ち明ける妻。
それはつれと様々な喜び、悲しみ、苛立ちなどを経験したからだろうか。
編集者がうつ病の理解者だったからよかったものの・・・・。
でも、旦那が鬱になっても、強いきずなが結ばれていたからこそ、ここまでやってこれたのかもねえ。
結婚同窓会で結婚式の誓いを口ずさむ妻が、何気に味がある。
そこがクライマックスだったのかな。
本当に『ツレがうつになりまして。』がヒットしてよかった。

ところどころにながれるクラシック音楽もよかった。
夫が退職届を書くところで『月の光』がながれたり、『トロイメライ』が情景を保ち出してなんとも。


生きがい、生きたあかし。
自分は一生をかけてそれを求めようと思った。
ただ、どんな形で生きても、そばに理解者がいれば、生きた証は自然と見つかるのかもしれない。
ツレもうつ病になっても、必死に生き抜き、支えられたことで、生きるあかしを見つけたような気がする。

今回のおまけ
映画『ツレがうつになりまして。』予告編
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【 2011/10/27 20:58 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(11) |
| ホーム |