FC2ブログ

運命の決別 ~江・姉妹激突!~
秀頼糾弾として名高い『方広寺鐘銘事件』

国家安康 君臣豊楽

の銘を、家康の名を分断して呪い、豊臣が楽しむと言いがかりをつけたというのは有名である。
ここでは秀頼は和平論者だったが、最後は君の気性の激しさが災いして開戦に踏み切った感じか。
加えて家康の二枚舌(大倉卿には『豊臣を貶めるつもりはない』といいながら、片桐勝元には『秀頼が大阪を出るか、が人質になる』という難題を突き付ける)
が、豊臣家臣の分断を加速させた。
秀忠も和平論者で、に手紙を送ったりしているが(その史実はないんじゃないか?)。
家康も焦っていたのであろう。

家康は『争いの火種をもみけすため』と開戦の理由をはなす。
かねてより様々な工事を行わせ、豊臣の財力を削減してきた家康だが、ここで一気に片をつけたかったのであろう。
片桐且元は豊臣に力がないことを誰よりも理解していたと思う。
でも家康の策略と、周囲が疑心暗鬼に陥ったことで追放されてしまう。
ときに9月26日



さて、竹千代は最近、高飛車な態度が多くなっていく。
成人してからの家光も癇癪が強かったという話であるが、同時に世子として、プライドをもちたかったのであろう。
大坂の陣は彼の眼に、どう映るのやら。

今回のおまけ
大阪環状線 JR大阪城公園

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/10/23 20:50 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(9) |
| ホーム |