FC2ブログ

制御しきれぬ情念と
様々な状況を乗り越え、宵越しのストレスを持たず、また日が暮れていく。
最近はカフェインの量も減ってきたけど、その代わり昼休みまでの時間が長く、空腹にさいなまれています。
本当に人間って、食事と睡眠を長く欠くことができないのが現状。


激情家なんて前回も言ったけどね。
情念と感情を制御しきれていないのが現状だけどさ。

ただ、
『全てにおいて無感情、すべてにおいて無気力』
と言うのもいやだし、そういう人間、そういう若者と言うのもよくないきがする。
理知だけの人間と言うのも虫が好かない。
僕自身が、学もなければ論理的思考能力もないからだろうな。
それこそ、『泣く子はもっと泣き叫ぶ』『周りの人を焼き尽くす』ような激情の炎を持ち、求め、制御にてこずってるからかもしれないけど。


『何のために生きるのか』
その答えは誰も教えてくれない。
自分の情念と感性で決めないと行けない気がする。
理知では割り切れないもの。
必死に旅行して、ようやく僕はぼんやりながら見つけた。
理知では決して見つけられなかったもの。
コロコロ変わる人間ではなく、急激に変わらぬ、美景だろう。
それを眼の中に求めている。

『人間の眼玉は、風景をたくわえる事が出来ると、いつか兄さんが教えて下さった。』
太宰治『雪の夜の話』


『あらゆる自然な感情に心を閉ざし、いかなる情念にも動かされず、愛情にも憐憫にも、「固きあるいはマルペソスの岩」のように、心を動かされない人間、なにものをも見のがさず、けっして間違わず、(中略)自分の考えでは一切の中で自分だけが唯一であるとし、友達も必要とせず、誰の友達でもなく、神々に対しても侮蔑の念を抱き、人間の行動をことごとく阿呆と考えて、これに向かってはただ悪口と嘲笑しか浴びせかけない、このような人間を見た場合、これを怪物と思い、亡霊と思って、恐ろしさの余り逃げ出さない人がおりましょうか?』エラスムス『痴愚神礼賛』

今回のおまけ

安らぎの映像 横浜Fantasy
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2011/10/20 21:28 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |