FC2ブログ

世子家光 ~江・親の心~
昔から描かれてきた竹千代(家光)と国松(忠長)の争い。
どもりがひどかった竹千代に対し、明るく活発で才気ばしった国松
秀忠国松の方をかわいがったとされるが、家康竹千代を指名していた。
家康の鶴の一声で竹千代が世子になるのだが・・・。

この理由に関しては、家康の『長子単独相続が争いを抑えられる。』という持論があったらしい。
鎌倉時代まで分割相続だった領地は、領地の分け前が少なくなるという理由から単独相続になったが、領地をめぐって兄弟同士の争いが多かったという。
足利義満は守護大名の相続欲をちらつかせて大名の弱体化を誘った。
応仁の乱は守護大名の権力闘争が足利幕府の権力闘争と重なって大乱となった。

その理由があったからこそ、家康は長子単独相続を頭の中で決意していたようだ。


いつの時代も風見鶏は多かったらしい。
給仕も侍女も、国松が次期将軍になると思って国松に取り入ろうとする。
まあ、あんな所を見ていれば当然か。
人見知りの激しい竹千代に対し、国松は積極的に両親に接している。
竹千代は幼少期からにしかなつかなかったようだ。
歯が生えてからもの乳を吸ったりと、奇行が多かったという。


さて、の直談判では、あくまで竹千代を一応後継ぎとしておく、場合によっては国松が次期将軍に・・・といったところらしいが、腹の中はいかばかりか。
竹千代は学問ばかりしていたようだが、これからの世の中は武芸だけでは成り立たない。人格と知識を集めるのもトップの務めでもある。
ある意味秀忠が直談判してもわからないのは仕方ないか。


かたや豊臣。
秀頼と千姫は本当の夫婦になりたいと思っているようだ。
豊臣と徳川とはいえ、二人の仲は良かったという話。
側室を招き入れるのも不満だったらしいが、のちに大坂の陣で処刑される子供も側室との間で生まれたという。
ただ、豊臣が天下を・・・という思いが淀の中で強かったようだ。
それは母性であろうか。



病に倒れた大姥局は暇をもらう。
最後に
「竹千代に母として向き合ってほしい。母はしかいないのだから。」
「まっすぐで誰にも好かれる気性で、自信を持って進んでほしい。」
いい遺言ではなかろうか。
彼女もまた、市とは違う形での「母」だったのではないかとぼくも思う。
こののち、慶長13年3月17日に亡くなる。88歳。

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/10/16 20:44 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(6) |
気付けって ~ONE PIECE・一触即発! ルフィ対ニセルフィ~
原作では人魚島でのバトルに入ったONE PIECEだけど、テレビでは懐かしの麦わら一味が再会の今回。
しかしニセ麦わら一味ってなあ。
どっからどう考えても偽者だってわかるだろ、特にチョッパー。
懸賞金と写真もあるんだから気付けって。

それにしても2年後のメンツは十人十色。
ナミもロビンもなんつう露出度の高い格好・・・寒くないのか・・・?
より精悍になったゾロだけど、方向音痴は相変わらずか。
ほとんど変わってないルフィとチョッパー。
性格も変わってねえか。

オヤジっぽさが増したサンジ。
スケベな点も変わってねえ。
目がハートになったときの顔も・・・。
ただ、黒足の異名に恥じず修業はしてきたようで、スカイウォークという技を覚える

だけどテレビで見られるのはまだ先のようで。

元・七武海のボア・ハンコックに重い荷物を背負わされて、ルフィも気の毒だったなあ。

こいつらが再開できるのはいつの日か?

今回のおまけ

ルフィがゾロとサンジの真似
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:ONE PIECE ワンピース - ジャンル:アニメ・コミック

【 2011/10/16 19:08 】

| 漫画・その他(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
海を見たいと思った
海を見たいと思った。

そういう思いで函館旅行を企画し、行ってきた。
その後、横浜、横浜の次は神戸、その次は長崎と、どんどん様々なところに行くたびに、海を見たいという思いが膨れ上がっていく。

ちまちまと変わる人の心とは違い、海はいつも地平に横たわっている。
天候の変化で荒れることはあるが。

横浜に行ってきた。
港町が見たい、という思いがあったことからかもしれない。

不思議なもので、一つの場所に行くと、また別の場所に行きたくなってくる。
横浜公園


かつて豪華客船として活躍した、氷川丸からみた景色。
氷川丸の夜景



海は広がっていく雰囲気が、僕の心をいやしてくれるのかもしれない。
夕闇の夜景

特に高いところからみる夜景は何とも。

夜景


外国人墓地にも言ってきた。
非常に物悲しさを感じる。
人間は誰でも生きて死ぬ。

横浜 外国人墓地


様々な外国人が、明治維新を機に日本に来て、学校を開いたり、技術を伝えたりした。
中には若死にをしている外国人もいた。
だが、人は死んだら骨になり、石の下に埋められ、その上にカラスが糞をひる。
横浜 外国人墓地2

生きている間に、生きがいを見つけ生きたあかしを残す。
僕はそうしたい。
見たものがすべて、自分の世界だから。
生きて、死ぬ。
誰しも生きたらこうなるから。

横浜 墓地

ちなみに横浜旅行は小説化のつもりはないっす。
二番煎じになるから。


今回のおまけ
森田童子 『海を見たいと思った』


青と赤編

えむえむっ! 第5話『天才少女の暴走パニック』

Watch MM! 5 in アニメ | View More Free Videos Online at Veoh.com

幕末機関説 いろはにほへと 第21話『海峡を渡る』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

【 2011/10/16 00:07 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム |