FC2ブログ

確執 ~江・運命の対面~
江には新たに子供が生まれる。
国千代、通称国松。のちの大納言忠長。

江は国松を自らの乳で育て、養育も自身がやっていたといわれているが、これは当時としては珍しいこととされている。
ドラマのように福に対抗する形であったのか、『徳川の嫡男』としての習慣に反発した結果であるかはわからない。
ただ、溺愛したといっても、江亡き後の忠長がかなり悲惨な運命をたどっていることを考えると、それがよかったのかどうか。
京極高次は病に倒れ、間もなく亡くなる。47歳。調べたけど死因はわからなかったので、申し訳ないm(__)m。
初はこのあと出家、常高院と名乗る。
のちの大阪の陣では、豊臣・徳川の両方の肩を持ったというが、それはどちらにも属さない尼の身分であったから出来たということもあろう。


豊臣は徳川に後継ぎが出来ていることを知り、秀頼に側室を作って子を産ませる。
淀にしてみればまあ、不満だったろうな。
豊臣家と徳川家、それぞれ歯車は女たちの思い通りには動かないようだ。


今回の対面で秀頼は家康に良い貫禄を見せる。
家康は吾妻鏡を愛読しており、特に頼朝の件は結構教訓にしていたという。
平清盛が頼朝を生かしたばかりに、頼朝によって平家は滅ぼされることになる。
その二の舞を何としても避けたかったのであろう。

ただ、今回の加藤清正のように、単純だが忠実な部下が秀頼に多かった。
だとすれば、今のところ敵に回すのは避けたかっただろうな。
結局、加藤清正や池田輝政といった、秀吉恩顧の大名が死んでから豊臣家を滅ぼすのだが…。

毒針を見つめ、家康は何を思う。

今回のおまけ
青と赤編

えむえむっ! 第4話『そんなこんなでカップルバカップル』

Watch MM! 4 in アニメ | View More Free Videos Online at Veoh.com

幕末機関説 いろはにほへと 第20話『波浪ありて』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/10/10 18:55 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(8) |
| ホーム |