FC2ブログ

大奥のキーパーソン ~江・最強の乳母~
1604年には長男を出産する。
秀忠は嫡男に送られる『竹千代』という名前を与える。後の家光である。
そのときに乳母として選ばれたのが、光秀の家臣・斉藤利三の娘で稲葉正成の妻・福であった。
後の春日局である。


家康は世継ぎである嫡男の乳母を、城の中ではなく外で募集していた。
稲葉正成は小早川秀秋のもとを出奔していて収入はなく、何とか生活を稼ごうとする福がそれを見つけ、家康直々に面接して採用してもらった・・・というエピソードがある。


さて、後に大奥で激しく対立することになると福。
福はどうものもとから竹千代を離し、自分一人で養育しているように思われるが…。
見方によっては仕事熱心であるともとれる。
当時の乳母は赤子に乳を与えるだけでなく、養育も施していたのだから。
竹千代はそれも相まって、母より福の方になついて行くのだが…。


は次に生れる国千代(国松とも。後の忠長)を愛し、竹千代を遠ざけたという話もある。
この物語ではどちらかというと、福が悪いように描かれているが・・・どうなのやら・・・。
福もに負けず劣らずの苦労人で、利三が磔になった後、長曾我部家にかくまってもらい、長曾我部元親が秀吉に降伏してからは、稲葉家に嫁ぎ・・・といった具合だから。
だからここまで仕事熱心になるのだろう。
情を優先させるにとっては、我が子に接することができないのが嫌みたいだなあ・・・。

さて、豊臣の徳は大阪でまだ残っていたようで、結構人々は感謝の祭りをしていたらしい。
それを聞いて、淀は安心感と、家康が老人であることを改めて認識。
当時はこんな落首があったとか。

御所柿は 一人熟して 落ちにけり 木の下にいて 拾う秀頼

誰もがそう感じていただろう。
家康もそこがわかっていたのか、秀忠に将軍職を譲る。
腹の底が本当にわからない人物だ。


ストレス解消に熱海の温泉に行く秀忠と江。
このあたりは人間くさいというべきか。
頭の中の整理にはなるべく水が入らない世界がいいからねえ。
僕も横浜にひとり旅することにしました。

ただ、
『天下太平にするために、力を持ってほしい』
という考えに行きついたのはなぜ?

改めて決意をする秀忠
江は縛られていく中で、相変わらず自分らしさを貫こうとするものの・・・。
時は再び動き出す。

豊臣との対立が深まる中、嫌味に福は本音をぶちまける。
まあ、秀吉に父を殺された人間としては無理ないか

今回のおまけ
NHK大河ドラマ 〜江〜 初ゆかりの地 岐阜県岐阜市
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/10/02 20:44 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(7) |
| ホーム |