FC2ブログ

豊臣と徳川の間 〜江・千姫の婚礼〜
家康が征夷大将軍になったのは、1602年の時。
戸幕府は律令体制を残しつつ発足となる。
ともあれ、まだまだ豊臣は侮れぬ力をもっていた。
そこで当分の融和作として考えられたのが、家康の孫での娘である千姫と、豊臣秀頼の縁談。
時に秀頼12歳、千姫7歳。

その時も知らず、千も秀忠も、家族皆で楽しむ。
すでに子をはらんでいるに対して、相変わらず頑固に男子を出産せよと大姥局。
それにたいして、姉のかわりに女の子を生むと千。
なにげに微笑ましいシーンだったりする。

それにたいして、ドロドロした家康と豊臣。
論功行賞が外様大名は戸京から遠くへ、古来の武将は中枢地に配置すると指摘する大野治長。
片桐且元とも大野治長は反発。
のちに且元は穏便派、治長は強硬派に分かれて争い、勝元が豊臣方からさる運命にあるのだが・・・。
伏線か?


そしてついに、千姫と秀頼の婚儀が決まる。
秀忠はすぐに、『豊臣を組み伏せるため』と見通す。
ニヒルな秀忠ならすぐに納得するか。
一方、千姫を案じるは、千姫と共についていくことに。
しかし身重の体で大丈夫だったのかね。
この婚儀と、秀吉の七回忌、さらに諸大名の工事。
これで豊臣政権の財力を徹底的にそごうとする家康
妥協案を図りつつ、裏で実力をそいでいく。
あるいみ家康らしいやり方といえよう。


さて、いよいよ婚儀直前の伏見。
千を演じているのが芦田愛菜たあね・・・。
『マルモのおきて』で出世したんだっけ。
なかなかに演技はいいんじゃないかと思う。

家康の本音を正そうとする江。
『妥協案を見せたところで一気に責め滅ぼすつもりか』と。
それに対して家康は
殿の夢「豊臣政権が続くということ」を防ぐ』とのこと。
たしかに秀吉がいなくなった今、最高権力は殿(と側近)ということになるんだろうけど・・・。
お門違いではないか?


そんな中、、初、江の三姉妹は最後の再会を果たす。
関ヶ原の敗北後も、秀頼が関白となり天下を取ると思い込む殿。
やはり母性愛だろうか。時として盲目になるということもありうるが・・・。
そして成長した完も、江と再開する。
離れていても絆はある。 やはり人情話か。



女は戦国大名の駒になったが、その中でも前向きに生きる。
水のように生きるとはそういったところなんだろうけど、
どうもいまいちそのあたりが伝わらないんだよなあ。


今回のおまけ
平清盛 女性キャスト
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/09/25 20:43 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(8) |
| ホーム |