FC2ブログ

戦うもの 待つもの ~江・幻の関ヶ原~
いよいよ関ヶ原当日。
蛙が鳴き、池に飛び込む。
そんななかで、大姥局は防犯と火の用心。
ある意味では何気に、奥さんの鑑というべきなのかもしれない。

人質に取られることを拒んで自害したガラシャ。
これを機に、細川忠興が東軍に着き、人質にとらわれただいみょうはほとんどが西軍につき・・・。
といったところだろう。
勢力はほぼ二分(記録によって東軍・西軍の勢力は諸説あるが。)
天下分け目の決戦を、冷めた目で見る秀忠
今回の家康は、何を考えているかわからない一面がある。
には人あたりのいい一面を見せ、淀や武断派武将には忠臣の一面を見せ・・・と、ある意味様々な人格を使い分けている。
現実の人間に一番近い。
加えて武断派武将は、福島正則をはじめとして勇猛ではあるが単純な武将が少なくなかった。
彼らをけむに巻くのは簡単だったろう。


久々の登場の秀忠の兄・結城秀康。
とはいえ、家康にうとまれ秀吉の養子になったとは以前書いた。
冷遇された兄を見つめていれば、秀忠がシニカルになるのも当然か、と改めて思う。
関ヶ原の7年後に秀康は、34歳の若さで世を去る。
梅毒だったと言われているが、今までのストレスが多かったのも確かだろう。


いつの時代も風見鶏は多い。
京極高次に『豊臣にも徳川にも敵対してほしくない。両方に味方してほしい。』と言われた。
史実では西軍に嫡男を人質として送りつつ、西軍の動向を東軍に伝える・・・と言ったどっちつかずの対応を取って来ている。
実際にの懇願があったどうかは不明だが、右往左往していたのは確かだろう。

最後は大津城に戻り、西軍を迎え撃つ決意を固める…。
関ヶ原直前、西軍に降伏し、頭をそる行為までしたのだから、結果的にはまずい選択だったのだろうが・・・。
何が幸いするか、何が災いするかはいつの時代もわからない。


秀忠は上田城攻めを行うが、真田に阻まれる。
戦術となると真田政幸・幸村親子にかなうわけがないか・・・。

大津籠城戦では多勢に無勢、劣勢に立たされる高次
降伏することを決めた高次。
個人的には自害しようとする高次を、が止める、というシーンがあるとよかったんだけど。
後に残党と共に園城寺で剃髪し、9月15日(関ヶ原勃発)に高野山へ入る。
幸いなことに、それが西軍の勢力をそぐ結果になるのだから、本当に何が幸いするかわからない。

秀忠は武将らしくもなく落馬し、うつろな笑いをあげる。


今回のおまけ
NHK大河ドラマ~姫たちの戦国~」紀行 詩る。手の鳴る宝へ。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/09/11 20:47 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(9) |
たばこの害とたばこ税
最近引き上げが唱えられたたばこ税。
鳩山内閣のときはマイルドセブンが300円から410円まで引き上げられ(1本あたり3.5円の税率引き上げ)、過去最高の引き上げになったという。
小宮山厚労大臣によれば、
「日本のたばこの価格は安すぎる。少なくとも倍か、それ以上にしたい」
とのこと。(大体ヨーロッパの平均価格である、1箱1,000円程度)

彼女は禁煙推進議員連盟の会長だから、さもありなんといったところか。

たばこ税にはいく種類かあり、
国たばこ税(たばこ税法第11条)
通常の製造たばこ: 1,000本当たり5,302円 [2,517円]
特定販売業者以外の者により保税地域から引き取られる製造たばこ: 1,000本当たり11,424円
道府県たばこ税(地方税法第74条の5): 1,000本当たり1,504円 (こちらは都道府県の収入)
市町村たばこ税(地方税法第468条): 1,000本当たり4,618円 (こちらは市町村の収入)


最近では、喫煙による『三次喫煙(原文はthird hand smoke)』が問題になっている。
喫煙者が吸う『一次喫煙』
周りの人が吸う『二次喫煙』(二次喫煙の方が体への害が大きい。)
に対して、三時喫煙は煙に巻かれて煙草の成分が衣服、布団に付着し、それが小児ぜんそくのもとになる、というもの。
たばこが健康に悪いことは誰も否定できない。


僕自身はたばこ増税は悪くないと思っている。
まあ僕自身吸わないし、医療人としては人々にたばこを控えてもらいたいポジションにいるから。
とはいえ実際に様々な患者様と接していると、喫煙者って多いんだよなあ。

『物質課税』から、『健康目的の懲罰税』にすり替わってしまっているという批判もあるそうだが喫煙は自分だけでなく、周りの人の健康まで(自分の子供の健康も)損ねてしまうものである。
人々の健康を向上させるため、多少引き上げてもやむなしだろう。


懲罰税、というと人聞きが悪いが、
『税収増加と人々の健康増進のため、たばこ税をあげる』
という理念にすれば悪くはないと思っている。

たばこ税を増税する代わりに、禁煙補助剤を製作している会社には補助金を送る。
(JTさんも禁煙補助剤を作るのがいいと思います。)
より増税と健康増進の両立を明確にする形で政策を進めるべきだと思う。

今回のおまけ
めっちゃ遅れた。 青と赤編。
俺妹はこれで終了。 後番は『えむえむっ!』の予定。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第15話『俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない』


幕末機関説 いろはにほへと 第16話『同行四人(どうぎょうよにん)』

Videos tu.tv
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【 2011/09/11 01:19 】

| 主張・雑感 (政治関連) | コメント(2) | トラックバック(3) |
| ホーム |