FC2ブログ

戦国の女 ~江・姫の十字架~
関ヶ原の戦いに向け、一触即発の雰囲気がある中。

徳川家に細川忠隆が人質として送られ、は歓迎する。
実際にはこのような史実はないが・・・。
関ヶ原では父・忠興と共に東軍として加勢するが、妻・千世が敵方の宇喜多家に逃げたため、離縁を求められて反発、勘当の憂き目にあっている。
いろいろ大変なのだな、いつの人も。

が戦いの予感を感じ取っても、秀忠は相変わらずケ・セラセラ。
その時はその時、という達観があったのか?
家康は詰問するが、「あくまでも豊臣の逆臣、まずは上杉景勝を討つ」とうまくはぐらかす家康
もちろん利発なは真意を見ぬけていたからこそ、悩めたのであろう。
そしてそれは、と京極高次もまたしかり。(龍子は天然だからなあ・・・。)

そして、総大将に命ぜられた秀忠もそうだった。
家康が名を挙げれば上げるほど、荷は重くなる・・・。
その責任に押しつぶされそうだということ。
それは秀吉の一族も同じ。秀吉が出世すればするほど性格が豹変し、彼に振り回され、責任も重くなる。
それは僕も同じかもしれぬ。
運命に翻弄される。
人は誰でもそういうものかもしれない。
(しかし、百姓になれってねえ。 あの想像のシーンも一体・・・。)

実際は信長によって兵農分離が行われ、秀吉が刀狩をおこなってから双方の身分が区別され(後に家康によって士農工商の身分制度が完成する。)、片一方がもう一方になりにくくなっていたのだが・・・。

戦に出る秀忠に、彼女は天下布武の印を渡す。
が、へそを曲げる秀忠と争い、そして笑い合う。
(じゃれあいか?)
以前、
『女は男を色香で狂わし、男の判断を狂わせる。』
と書いた気がするが、彼女の場合は単刀直入に思いをぶつけることで人を変えていったのであろう。


そして、周りが不安を抱える中で、ついに三成は挙兵を開始。
東軍についた忠興を従わせるため、ガラシャを人質に取ろうとするが、彼女は拒否。
そして実力行使にでたその時、ガラシャは人質になることを拒んで、家来に己を殺させる。
その壮絶な最期は後にオペラとして発表され、マリア・テレジアやマリー・アントワネットに影響を与えたという。
冒頭に忠興がガラシャを気遣う場面があるものの、そこまでのプロセスがあいまいだったのが残念。
運命を変えられぬなら、せめて覚悟を決めて突き進め。
の思いをまた、ガラシャも受け継いだのだろうか。

細川忠興はガラシャの死を悲しみ、慶長6年(1601年)にオルガンティノにガラシャ教会葬を依頼して葬儀にも参列し、後に遺骨を大坂の崇禅寺へ改葬した、という。
やはり愛していたのであろう。

辞世:散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ


今回のおまけ
青と赤

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第14話『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』


幕末機関説 いろはにほへと 第15話『秘刀共鳴す』

Videos tu.tv
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/09/04 20:48 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(5) |
どじょう内閣の歩く道は?
野田内閣発足。
そのうち気になるのは、新幹事長・興石東氏だろう。
ポジとしては日教組出身ということもあり旧社会党グループだが、小沢氏とも近く、前原氏との仲も良いという
去年の文芸春秋で、興石氏は統率力があるとしながらも、こんな評価があった。

『経綸なし、人望なし、指導力なし。
そうでありながら、なぜ「参院のドン」として一目置かれるのか。
人事権を使った集団いじめの手法だ。
しかし、少なからぬ輩がそれに便乗し、その統治方法を支えている。
これもまた逆説的なリーダーシップであり、民主党にそういう原日本人的体質があることを忘れてはならない。』


法相:平岡秀夫氏。
千葉景子氏に続く旧社会党グループからの法務大臣就任。
千葉氏と違って弁護士でもないから、実力は未知数だろう。


官房長官:藤村修氏
省庁再編以来、かなりの激務になっている官房長官。
調整力と発信力がカギになるだろうが、はたして・・・。
これが上手くいかないと、すべてが崩れる。


『リーダーシップは人を説得する技術』
と以前書いた気がするが、論破と説得は違う。
相手が不満でいても論理的に通っていれば論破で、
論理的に通っていなくても、相手が満足すれば『説得』になる。

生身の人間の脳みそはブヨブヨしたもので、無菌室で作られるコンピュータチップとは違う。
理屈だけで人は動かない


民主党は野党暮らしの長さも相まって、論戦が上手い人は多い。
枝野氏、仙谷氏といった弁護士出身の人物、安住氏のようなアナウンサー出身の人間。
ただ、それと与野党、国民への説得が上手いかどうかは別。
党内演説力ナンバーワンで、暑苦しさと情で人をほだすと呼ばれる野田氏だが、いかなるものか。

『議論したり反駁したりしているうちには、相手に勝つようなこともあるだろう。
しかし、それはむなしい勝利だ。
相手の好意は絶対に勝ちえられないのだから。(ベンジャミン・フランクリン)』


今回のおまけ
星新一ショートショート『調整(『マイ国家』より)』他二本
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

【 2011/09/04 01:10 】

| 主張・雑感 (政治関連) | コメント(0) | トラックバック(4) |
| ホーム |