FC2ブログ

『耳をすませば』以上に濃い! ~映画『コクリコ坂から』・感想~
すくなくとも『ゲド戦記』より面白い。 上映時間91分とのことだけど、時間を感じさせない密度の濃さだった。

僕は友達と一緒に見たけど、友達曰く、
『登場人物が皆さん熱い』とのこと。
まあ、学生運動やるほどだからなあ。
今の冷めた若者とは違う。
まあ高度成長期の時代ですから。


少しずつ惹かれあっていく海と俊。
自転車に二人で乗ったり、電車で遠くに行ったり、『耳をすませば』『千と千尋の神隠し』を思い出すシーンも。
ところが2人が血を分けた兄妹かもという、何やら昼ドラみたいな展開が出る(劇中でも『安っぽいメロドラマ』なんて言われてたけど。ラストで違うことがわかるが。)
このあたりはちと感情移入しにくかったな。
思いを捨てきれず、母親に泣きつくあたりはジーンときたけど。


カルチェラタンを改装しようという思いは、俊への思いがあったんだろうけど・・・。
よくあれだけの人数集められたねえ。
それほど海には人望があったのだろうか・・・。
一応我も我もという集団心理もあったんだろうけど・・・。
カルチェラタンのメンツ、なかなか面白い連中ばかり。
特に哲学研究部のいかつい男が・・・。


ある程度説明不足な面があったのは確か。
主人公の海が毎朝掲げる旗の意味も、愛称『メル』も一瞬唐突過ぎてわからなかった。
後でパンフレットで調べると、旗の意味は『U・W(安全な航行を祈る)』と言う意味であり、『メル』とはフランス語のメール(海)から来ているらしい。

最後にそれぞれの本当の父の知り合いに会い、二人の出生の秘密を知る。
クライマックスとしては地味(エピローグというべきだろうか)だけど、そこに宮崎吾朗がこめたメッセージ、
『死ぬなよ』
が含まれている。
その構図がよかったなあ。
手蔦葵の挿入歌や、『さよならの夏』も雰囲気もり立ててた。
音楽も『ゲド』よりベター。


『一応の青春・恋愛小説』を書いている身の上としては、やっぱりこういう作品を書きたいなあ、とは思う。
『青い鳥』を見たり、『東京ラブストーリー』を見たり、必死ではあるけど、やっぱり自分で恋愛してみた方がいいかねえ。
ただ、自分の性格にコンプレックスがあって、異性とあまり付き合いたくないし、付き合えないとも思っていて・・・。

ちょっと微妙なところです。

とりあえず、『耳をすませば』借りてきます。


今回のおまけ
るろうに剣心 MAD『さよならの夏』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:コクリコ坂から - ジャンル:映画

【 2011/08/27 01:37 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(13) |
| ホーム |