FC2ブログ

『耳をすませば』以上に濃い! ~映画『コクリコ坂から』・感想~
すくなくとも『ゲド戦記』より面白い。 上映時間91分とのことだけど、時間を感じさせない密度の濃さだった。

僕は友達と一緒に見たけど、友達曰く、
『登場人物が皆さん熱い』とのこと。
まあ、学生運動やるほどだからなあ。
今の冷めた若者とは違う。
まあ高度成長期の時代ですから。


少しずつ惹かれあっていく海と俊。
自転車に二人で乗ったり、電車で遠くに行ったり、『耳をすませば』『千と千尋の神隠し』を思い出すシーンも。
ところが2人が血を分けた兄妹かもという、何やら昼ドラみたいな展開が出る(劇中でも『安っぽいメロドラマ』なんて言われてたけど。ラストで違うことがわかるが。)
このあたりはちと感情移入しにくかったな。
思いを捨てきれず、母親に泣きつくあたりはジーンときたけど。


カルチェラタンを改装しようという思いは、俊への思いがあったんだろうけど・・・。
よくあれだけの人数集められたねえ。
それほど海には人望があったのだろうか・・・。
一応我も我もという集団心理もあったんだろうけど・・・。
カルチェラタンのメンツ、なかなか面白い連中ばかり。
特に哲学研究部のいかつい男が・・・。


ある程度説明不足な面があったのは確か。
主人公の海が毎朝掲げる旗の意味も、愛称『メル』も一瞬唐突過ぎてわからなかった。
後でパンフレットで調べると、旗の意味は『U・W(安全な航行を祈る)』と言う意味であり、『メル』とはフランス語のメール(海)から来ているらしい。

最後にそれぞれの本当の父の知り合いに会い、二人の出生の秘密を知る。
クライマックスとしては地味(エピローグというべきだろうか)だけど、そこに宮崎吾朗がこめたメッセージ、
『死ぬなよ』
が含まれている。
その構図がよかったなあ。
手蔦葵の挿入歌や、『さよならの夏』も雰囲気もり立ててた。
音楽も『ゲド』よりベター。


『一応の青春・恋愛小説』を書いている身の上としては、やっぱりこういう作品を書きたいなあ、とは思う。
『青い鳥』を見たり、『東京ラブストーリー』を見たり、必死ではあるけど、やっぱり自分で恋愛してみた方がいいかねえ。
ただ、自分の性格にコンプレックスがあって、異性とあまり付き合いたくないし、付き合えないとも思っていて・・・。

ちょっと微妙なところです。

とりあえず、『耳をすませば』借りてきます。


今回のおまけ
るろうに剣心 MAD『さよならの夏』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:コクリコ坂から - ジャンル:映画

【 2011/08/27 01:37 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(13) |
ゲスっぷり、健在!? ~SKETDANCE・ゲスリング部の危機~
佐倉実が再登場。
卑猥な話を語り合うゲスリング部が廃部の危機に。

相変わらず中性的なルックスのわりに言うことがゲス。
しかも女ずきだし。


しかもゲスリング部、部員が佐倉以外全員下品な顔。
もっとイケメン集めたほうが好感持てるだろ。
椿がゲスリング部の偵察に来て、スケット団はサインでなんとか佐倉をコントロールしようとするものの・・。
生徒会会議のメインテーマでもゲスな地金がどんどん出て・・。
いちいち『ゲスカルゴ』『ゲスプレッソ』って、ゲス入れるな!

挙げ句目つぶしくらって廃部。
なんだけど、今度は教室でゲスな話。
廃部してもかわんねえ!
あ、『銀魂』の世界観ならいくらでもゲスな話ができますよ。


今回のおまけ
SKET DANCE 『夜空ノムコウ』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:SKET DANCE - ジャンル:アニメ・コミック

【 2011/08/26 16:31 】

| 漫画・その他(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
いかつい小姓 ~銀魂・チェケラ!!~
見廻組の落ちこぼれ・佐々木鉄之助。
一応見廻組組頭・佐々木只三郎と土方歳三の小姓・市村鉄之助が名前の由来なんだろうけど・・。
全然少年らしさがなく、浅黒いごっついオヤジヅラで、しかも反社会的ラッパー気取り。
後に出来損ないの佐々木の次男坊であることがわかるものの、土方が引き取ることに。
土方の片腕はザキだろうに。

しかしながら全然協調性がなく、近藤の演説中にバスケをやる。(挙げ句近藤の顔にバスケが飛ぶ)
ザキの制服にカレーを流す。

でも土方に諭されて自分の非を知り、やけになる鉄之助。
銀さんとは妙に息が合うのね。
YO YO yo!って・・・。
どっちもラップが趣味かいな・・・。
今はヒップホップはあまり聞かないけど・・・。

兄の異三郎登場。
どこか厭味なイメージ。オールバックで似蔵にも似てたけど。
挙げ句弟を捨てると宣言。
鬼の副長から『母のごとし』と呼ばれる器に慣れるか、マヨラー!


今回のおまけ
真選組四天王
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2011/08/23 22:07 】

| 漫画・銀魂(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
江戸の鬼、ちょっとだけ登場 ~江・江戸の鬼~
秀吉亡き後、江はえもいわれぬ空白感に教われる。
そんな中で家康から、秀忠と共に江戸に行くよう勧められる。
家康にしてみれば、豊臣勢力をこれから壊滅させていく上で、秀忠や江に自らの行動を悟られたくなかったのだろう。
実際二人が旅立った後、秀吉の規定を破って次々と諸大名と姻戚関係を結ぶわけで。(もちろん人脈作りである)
三成を挑発し、豊臣方の反家康勢力を一気に潰したかったのであろう。

しかしお忍びの江戸行きだというのに、すぐに伏見城へ旅立つ江。
本当にフットワークが軽い。
昔の女はその色香で男の判断を翻弄したというけど、そういう意味ではこの話の江は限りなく男っぽい。
根回しに結局なってるわけで。

姉の淀にも会い、『秀頼を守りたい』という本音を聞く江。
かたやおねからは、『泰平の世を作るためなら、誰が天下を取っても構わない』とのこと。
それは子煩悩に囚われた人間と、夫の大出世と狂乱、世の移り変わりをどこか醒めた目で見てきた人間の差なのだろう。
のちの関ヶ原の時、おねは徳川、淀は石田方になっているが、この考えが元だったのかも。

さらにガラシャとも会う江。
『己の信じるままに生きる、ということを教えてくれたのは貴方』
というガラシャの台詞は説得力に欠けるが・・。
何しろ死期が近いのである。
キリストの教えと武家の妻の心がけの板挟みになやんでいるはずなのに・・。


江戸の鬼・大姥局はちょっとだけ登場。
こいつが姑がわりになるわけね。家づくり・子作りにうるさいし。
もしかしてこいつが大奥の模範になる?
江の腹の中にいる家光はどう考えてるやら。
それにしても加賀まりこは最近悪役が多くなったな。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/08/22 22:11 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
一人カラオケの効力は
to be or not to be, That is the question.

ハムレットの有名なフレーズ。
『生か、死か、それが問題だ』
等と訳されているけど、僕が訳すと。
『(物事が)なるか、ならないか、それが問題だ。』
さんざ迷い、神経衰弱になったりもしたけど、やっぱり僕は僕らしく仕事を頑張るしかないかな。
ストレス解消法に小説執筆も思い付いているし。
(その点では夏目漱石に似てるかもね。
漱石は発狂とまで呼ばれてロンドンから帰国後に、弟子の高浜虚子勧められて小説を書きはじめたらしいし。
文才まで漱石似だといいんだけどな。)

解消法のもうひとつ。
一人カラオケ。
初めて行ってきましたよ。
週末ということでやたらお金かかったけど。

尾崎豊『I Love you』
フランク・シナトラ『My way』
サイモン&ガーファンクル『明日に架ける橋』
といったバラードがほとんどだけど。


影山ヒロノブ『We gotta power(ご存知ドラゴンボール2nd主題歌)』
などのノリのいい曲も歌ったりする。
X JAPANの『tears』の点数が高かったけどね。

この調子で山と谷をつけなきゃね。
カラオケの十八番も決めないと。
tearsは聞かせられるかね。

今回のおまけ
青と赤編

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話B『俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない TRUE ROUTE』


幕末機関説 いろはにほへと 第13話『覇者の首入魂(にゅうこん)』

Videos tu.tv
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

【 2011/08/21 00:24 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ