FC2ブログ

秀吉の側室 ~江・豊臣の妻~
秀吉は天皇家をはじめとする公家の御幸の主催を取り決める。
まあ、さすがは派手好き秀吉

名実ともに天下人となった秀吉に、いつの間にやらひかれていた茶々
とうとう側室入りしようとした茶々に対しては大反発。

秀吉に直談判(ホント小うるさいというか)しようとして、茶々に停められる
思わず腹を立て、姉と口を利かなくなった
そうだわなあ。
ともあれ、男女の心なんてどう切り替わるかわからないからなあ。
(『ましてや人の心なりや』というし・・・。)


大阪城にやってきた
茶々の仲を取り持つつもりらしい。
まあ、これは市の遺言でもあったからねえ。
後の大坂の陣でも、茶々ら豊臣方とら徳川型の仲介人になるわけで。
なんだかんだで母の思いに忠実だ…。

の強要で謝るに対し、茶々
自分が秀吉の子を身ごもっていると告げる。
一夜を一回過ごしただけでこれかい・・・。(後の鶴松)
実際は秀吉は子が出来にくい体質で、秀吉ではなく側近の大野治長の子という説もあるらしいが・・・・。
ともあれ、子に恵まれなかった秀吉。
確かに、家を残していく使命を持つ天下人にしてみれば、ラッキーで嬉しいことだろうな。

茶々を祝福すべしとすすめるに対し、いまだに怒りが解けない江。
一番江が信長に似て、頑固で強情なのかもねえ。

おねが直々に江に会いに行く。
本当に気に入られているんだねえ…。
芯の強さに魅かれているのだろうか。
やはり江と同じ、おねも茶々に対して憎しみがあったということである。
これが後の関ヶ原・大坂の陣での対立につながっていくわけね。
でもそれが弱さとも感じているねね。
そこが経験差と呼べるものなのだろうか。


とにもかくにも、子供の誕生を祝福するねね。
そして、『豊臣の妻』であると言い切る。
同じように豊臣の家を守ることを使命とする。
もう少しドロドロした対立になるのかと思ったら、そうでもなさそうだねえ。
(その子供が若死にし、その後秀吉が狂い始めるんだから皮肉な話だけど。)

今回のおまけ
大河ドラマ「新選組!」心に残るあのセリフ
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/06/05 20:42 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(8) |
季節はずれな・・・。 ~SKET DANCE『バレンタイン・クライシス』~
ヒメコ、季節外れのバレンタインで、ボッスンスイッチにチョコレートを買うことに。
友達のモモカスイッチに気があるらしく、あっという間に準備。
いやあ、武闘派はやはり頭脳派にひかれるんすかねえ。
ヒメコはどこぞのおっさんと勘違い・・・。
まあ、それだけじゃあ、どこにでもいる奴だからねえ。

チョコを選ぶのに、ボッスンスイッチに渡す分を同じぐらいにしようとしたり、
「気があるのでは?」と思われないように気を配るヒメコ
案外神経質なのね。
というかツンデレ?

挙句メッセージカードは
「いつもありがとう」という母の日か父の日にありそうなメッセージ。
ま、義理チョコなんだからいいんじゃね?

ところが、モモカのメッセージカード入りチョコがヒメコのチョコと入れ替わってしまい…?
となると、次回はヒメコスイッチに気があると誤解される?
まあ、これも武闘派×頭脳派なんだからいいんじゃね?
案外正反対のものがひきつけあうものさ。

今は『ともチョコ』なんて同性の友達にあげるのが流行りらしいんだけど。
時代が変わると習慣も変わるねえ。



P.S. しかし、テレビ版スイッチの声が銀さん(杉田智和)とはねえ。
まあ、割とクールな役回りが多いし、いいんじゃね?

今回のおまけ
青と赤

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話『俺が妹とオフ会に行くわけがない』


幕末機関説 いろはにほへと 第2話『地割剣(じわりけん)嗤う』

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:SKET DANCE - ジャンル:アニメ・コミック

【 2011/06/05 00:27 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |