FC2ブログ

三姉妹の恋 ~江・恋しくて~
秀吉は関白、さらには朝廷で最高位の太政大臣に就任し、名実ともに天下人となった。
そして豊臣を名乗る。
相変わらず面白がらぬ浅井三姉妹。

なぜか秀吉と会おうとしない茶々
心境に変化にでもあったのだろうが、どうもそのプロセスがあいまい。
仇を取ろうとまで言っていたのに。
秀吉の『嘘の中の真』があると聞いて、逆に興味を持ったのであろうか。
そうした中で、『夜の逢瀬』とでもいうべき今回の一対一の出会い。
「ひょっとしたらこれが最後の逢瀬」と言い切る秀吉
おちゃけた感じでも茶々に対する思いは真実。
それが秀吉の『嘘の中の真』と感じたのであろうか。

(しかし、よくここがわかったな。 本当に狭い城やわ。)


さて、ニューフェイス・京極高次
は姉の龍子の話
「光秀方として戦ったが、負けた時姉を側室として差し出し切り抜けた」
と聞いて、『ダメ男』と切り捨てる
実際史実でも当時、姉の力で出世したと呼ばれ、『蛍大名』と陰口をたたかれていたとか。
とはいえ、彼がこののちにの夫になるんだけどなあ。
しかも高次がなくなったとき、おは出家する。
それだけ仲が良くなったということだから、男女の仲は分からない。
案の定、めて会って一目ぼれをする
そこでまたまた葛藤するわけで・・・。
本当に人間の気持ちって、ころころ変わってかなわない。しかも曖昧ときた。
一応あきらめようとする初だが、遠く離れても気になってしょうがない。
いやはや。
と同じで、実際に会わないとわからないことが多いわけだ。


さて、伴天連追放令を受けて洗礼を受けられなくなったたま。
のちの島原の乱や、外国の十字軍のように、宗教を名目に戦を起こすパターンは数知れない。
それでもの力添えで、なるあたりは、さすが。

さて、
秀勝に恋をするものの、今回の九州攻めで没収される領地。
実際にはこの2年後、敦賀城5万石を引き継ぐが、これものちに大谷吉継に引き継がれている。
どうも領地には縁がないらしい。

貧乏暮らしをするのかねえ、は。
それでも、人の愛情があれば事足りるのだろうか。
とはいえ、男の気持ちはころころ変わる。
それでも、秀勝はの一途さにひかれ、江も秀勝のさわやかさにひかれる。
男女がお互いを思いやる心、どうなんだろうか。



だんだん龍子、三姉妹の相談役としてのポジが確立してきて、いいキャラ立ちになってきています。
人生経験豊富なんでしょうなあ。
千利休が途中で切腹するから、より重要な立場になっていくのだろう。

今回のおまけ
大河ドラマ「新選組!」のテーマ
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/05/15 20:43 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(8) |
| ホーム |