FC2ブログ

秀吉の多面性 ~江・猿の正体~
さて、大阪城に戻された
復讐のため、秀吉の身辺を洗い出すことに。

さて、秀吉の養子に出された、於義丸改め結城秀康。
もともと『於義』とは『オコゼ』の意味らしく、幼いころから家康にうとまれていたことがうかがえる。
双子(=畜生腹)であるとも、妾の子であるとも言われているとは以前書いた。
竹千代、後の秀忠を、家康は嫡子として育て上げる。
まあ、秀忠は慎重な人間だったからな、二代目としては秀康より良かったのかもしれぬ。

派手好き、陰湿、女好き。
秀吉に対して様々な負のイメージを持っていた
一応秀吉の養女として、黒田如水、豊臣秀長、石田三成と、様々な人間に聞いてみた。
しっかし、一時は敵方の姫君だったのに、よくあれだけ家来に接近出来たなあ。
ティンカーベルと揶揄されてるわけだ。
男どもは秀吉を褒めるばかりで、女に聞いてみることにしただが、乳母がすでに全員に聞いていた。
しかも全員ほめている。
ま、物言えば唇寒し秋の風、である。


さて、千利休はいつも何かを悟った人物。
『人のことは人に聞いてもわからない』
実際にあってみよということだ。
確かにそうだ。
百聞は一見にしかずであろう。

さて、秀吉は秀次(今回は通説通り、殺生関白と呼ばれた暗愚な人柄なよう)を育てるために、
長宗我部攻めの指揮官に任命し、自分は仮病を使って休む。
そうすれば秀次も気が引き締まるという話だが、しかしながらトップ・オブ・トップが前線に出た方が、現場の士気が高まるんだよなあ。
家康は大坂の陣の時、74歳の高齢を圧して前線に出向いたし、近藤勇は池田屋事件の時、真っ先に斬り込んだ。


四国の長宗我部を陥落させた秀吉。
(実はこの中に、おちのびた春日局とその一族がいる)
目的は何だ、織田家を滅ぼすのかと詰め寄るに、秀吉は信長の影を見て恐れ入る。
まあ、市よりも信長に似ていたという話だが、茶々に比べると目立たなかったという話だから、
その可能性はありうる。
信長に似ていたから、遠ざけて政略結婚させ、
信長に近づきたかったからを養女にしたというが、ちょっと見苦しい。
今までのうらみをぶつけ、泣くに対して、秀吉も泣き、江を抱きしめる。
まあ、父としての一面は、ありそうだ。
あげく純金の猿の像を渡し、やつあたりに使えと諭す秀吉。
派手好きだ。


嘘と真実を使い分け、権謀術数にたけているが、女と情にはもろい。
それが今回の秀吉であろうか。


今回のおまけ
大河ドラマ 秀吉 OP
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/04/24 20:47 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(8) |
| ホーム |