FC2ブログ

光秀の末路 ~江・光秀の天下~
順逆無二門      順逆二門無し(間違ったことはしていない )
大道徹心源      大道心源に徹す(すべて心のままにやったこと)
五十五年夢      五十五年の夢(五十五年の夢)
覚来帰一元      覚め来りて 一元に帰す(今覚め、すべて無に還るのだ)


明智光秀の辞世の詩と言われている。
光秀は本能寺の変からわずか11日で敗れ、命を落とすことになる。
今回は主人公補正を受けた江が光秀と会い、光秀の心情を聞くことになる。

本能寺の変のことを聞き、悲嘆にくれる初。驚きつつも平静を保とうとする皆。
それでも江のことを案じるあたり、家族を思いやる気持ちはいつの時代もかわらないのか。
ただ、これだけいつもいつも死人が増えてくると、人間って適応能力ばかりが高いから・・・・。
引越しの時に妙に落ち着いていたのもそのためか?

江がとらえられたのは、本能寺の変の混乱で物盗りをしていた山賊につかまったため。
それで光秀がそれをとらえ、会うことになるんだとか。
いやはや、その可能性は無きにしも非ずだが…。
(新撰組!の第1話でも、近藤と土方、桂小五郎と坂本龍馬が黒船を見に行くシーンがあったなあ)

明智光秀の腹心・斉藤利三。
史実では豪勇無双の武人であったそうだが、どうも今回は江を人質にとろうとして、『逆らえば処刑する』と脅そうとしたり、どうも小物っぽい言動が目立つなあ…。
末娘が、後に江と大奥で対立する春日局になるのだから、伏線ぐらいは出してほしかった。

さて、光秀は律義な人間であったが、どうも人の心をつかむ力は弱かったようだ。
上杉や毛利と和睦し、天皇の許可を得るものの、娘婿の細川忠興からはみはなされ、後の連中も援軍を出さない。
典型的な洞ヶ峠と語り継がれるが、やはりみなみな、信長の威光がいまだに残っていたのであろうか。

かたや秀吉は『信長が生きている』というデマを旅の道中にばらまき、史実では安堵と恩賞をちらつかせて味方を次々と増やしていく。
人は結局自らの利害得失で動くが、信長の威光をちらつかせることで、秀吉が『義によって動く正義の士』であることを宣伝したかったのであろう。
ま、いつの時代の人間も変わらんな。
自分は結局利害得失で動くくせに、『義によって動く正義の士』は必ずいるというロマンを持つ。


今回の見せ場は江が光秀に会い、なぜ信長を殺めたのか、そして光秀の心中を知り、伯父の仇であっても死んでほしくないと言い切ることだったと思う。
光秀は『信長が自分を高く評価していた』ことを初めて知り、そのことを知って後悔。
衝動的な行動であったということがばれたか
「もはや自分は天の命に従って行動していただけなのかも」と言い切る。
ともあれ、これ、完全なる現実逃避じゃ・・・。
これじゃあ、負けるべくして負けたとしか言いようがないような。


ともあれ、この先に平和を夢見ていたことは、まあ信長も光秀も同じだったのだろう。
江の『天下をとったら平和をもたらす約束』を果たせないまま死んでいくことをわびて、光秀は切腹する。

もう一つの辞世の句。
心知らぬ 人は何とも 言はば言へ 身をも惜しまじ 名をも惜しまじ

たとえ人がなんと言おうと、自分は身も名も惜しまない行動をとったということなのだろう。
今回はそれが伝わらなくて残念。

余談だが、個人的にこの句を聞いて思い出すのは、坂本龍馬の句
世の人は 我を何とも 言はば言へ 我がなすことは 我のみぞ知る

龍馬は光秀を尊敬していて、光秀の子孫を自称した。
(坂本家の家紋は明智と同じ桔梗紋)
光秀がそれなりに強い人間だったからこそ、龍馬も尊敬出来たのであろう。

今回のおまけ
NHK大河ドラマ 「江~姫たちの戦国~」2 勝家公とお市の墓所
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/02/14 01:02 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(7) | トラックバック(13) |
| ホーム |