FC2ブログ

格差是正と税収を両立させる方法 ~所得税~
民主党の比例選出の16人が小沢氏の処分に不満があるとして、会派離脱届を出してきた。

もともと『裁判が終わるまでの党員資格停止』は、世論にも小沢一派にも配慮した妥協案だと思うのだ。
鳩山政権の頃に小沢氏に疑惑が持ち上がって何もしなかったとき、『党の自浄能力云々』と騒ぎたてられていたのだから。
16人はできれば機嫌をとりなおしてほしいと思っている。

そして何より大事なのは、政策や理念を語ること。
今の状態じゃ傍目には単なる内輪もめにしか映らない。
『国民の生活云々』『公約を誠実に実行』でもいい、大雑把でいいから政策や理念を語ることが急務だろう。
『これが正しい』と思えるものを語ればいい。


執行部にも注文がある。
もう少し小沢一派とも妥協してほしい。
小沢氏を副総理などのポジションで閣内に取り込んだり、妥協案はいくらでもあると思うのだ。
そして、先の衆院選のマニフェストをなるべく忠実に実行していくこと。

小沢氏自身、『マニフェスト修正』を批判している。
真意はともかくとして(というより、常に揺れ動いて迷う人間の真意を一概に言いきること自体ナンセンスだと思うが)、言を文字通りに受け取ればごもっとも。マニフェストは忠実に実行していくべきだが、今はねじれ国会だから、張り合ってばかりでは何も通らない。
その時に野党の要求に合わせて、マニフェストを修正したり実行断念していけばいいのだ。


さて、財源をどうするか。
消費税はあくまでも最後の手段だと、繰り返し言っておく。(福祉大国のスウェーデンでも、食料品の消費税は6パーセント程度だし)
その前に『所得税の増税』や『相続税の増税』など、手段はある気がする
押してもだめなら引いてみろである。
今回は所得税について語ってみようと思う。

所得税というのは一言でいえば、個人の所得にかかる税金。
高所得者ほど多く取る仕組みになっていて、現在の最高税率は40%(6段階)


195万円以下 5%
195万円超 10%
330 〃 20%
695 〃 23%
900 〃 33%
1800 〃 40%


となっている。

しかしながらかつては、所得税の最高税率は70%になっていた時があった。(1974年~1984年)
累進課税も細かく、20段階となっていた。

60万円以下 10%
60万円超 12%
120 〃 14%
180 〃 16%
240 〃 18%
300 〃 21%
400 〃 24%
500 〃 27%
600 〃 30%
700 〃 34%
800 〃 38%
1000 〃 42%
1200 〃 46%
1500 〃 50%
2000 〃 55%
3000 〃 60%
4000 〃 65%
6000 〃 70%
8000 〃 75%


個人的には所得税の最高税率を1974年当時に戻し、再分配を促進すれば、税収と格差是正を両立できるのではないかと思っている。

ただ、2007年の財務省調査によれば実際の所得税負担率は、所得が1~2億円の納税者(26.5%)がピークになっていて、それ以上の高額納税者は逆に下がり、所得100億円以上では14.2%となっているとか
東京大学名誉教授の神野直彦氏によれば、これには株や土地の所得には『分離課税』とよばれて累進課税の対象外になっていることが大きいという。
そして、高所得者ほど株や土地が多いと。

(3月10日:グラフ追加(神野直彦著『財政の仕組みがわかる本』より)。)
所得と分離課税


だとすれば、分離課税を廃止して土地や株も累進課税の対象に入れていくこともまた、格差是正と税収増加を両立させていくうえで大事だと思う。

『所得税の最高税率を75%に戻す(累進も20段階、あるいはそれ以上にする)』
『分離課税の廃止』

+番号制導入(先の衆院選マニフェストにもあったが)、格差是正と税収増加を両立できる三点セットだと思うのだ。



『よきリーダーシップ』とは何か?
とふと思ったことがある。辞典でも『統率者としての能力』としか書いていないし。

『村野瀬玲奈の秘書課広報室』の村野瀬さんに聞いたところ

リーダーシップ: 本来は、そして、日本以外の国では、その豊かな見識や公正で立派な態度のゆえに国境や立場を越えた大勢の人々が自然に敬愛し、信頼する人の性格。一方、日本では、相手が嫌がることを相手の合意もなく大した議論すらなく力ずくで相手に強制することを自分に与えられた使命だと頑強に信じ込んでいる、日本の国境を越えた敬愛を得られない人の性格のこと。

・・・性格じゃなくて能力だと思うけどな。
まあいいや、要は『人を支配する技術ではなく、説得する技術』が『よきリーダーシップ』ということですよね。
その観点からすれば、確かに橋下府知事や河村市長は『モンスター首長』と呼ばれても仕方なかろう。
僕は大阪の人間でも名古屋の人間でもないし、あまり詳しくは知らないが、彼らの政策を知らずに流される前に一歩立ち止まって考えるべきでは、と思う。
『子供手当』がバラマキであり、『市民税一律10%減税』はバラマキではないのか?
『バラマキとは何か』等など。

正直僕は『庶民』でも『市民』でもないと思っている。(自分でもそうは思いたくないし、言われたくもない)
やっぱり激情家であり、さもなければ土方よろしく『茨垣(バラガキ)に近いもの』であるような気がするのだ。(そっちの方を目指したい)
触れると刺し、焼きつくすような。
影響はどれだけ与えられるかわからない。(僕自身は結構影響を受けてはいるけれど)
それでも、語りたいから語る、ただそれだけ。

今回のおまけ
星新一ショートショート 『調査』

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

【 2011/02/19 14:44 】

| 主張・雑感 (政治関連) | コメント(2) | トラックバック(9) |
相馬の入江は
先日、福島相馬のいちご(章姫(あきひめ)という品種)とほっき貝を楽しみながら、温泉旅行に行ってきました。
とはいっても日帰りだけどね。
修論作成と実験に疲れ切っていたし。
たまには息抜き…と家族が気遣ってくれてね。

まず最初に、原釜付近の『みはらし』という店でホッキ貝を食べることに。
店内は明るく、店員さんの声も張りがありました。
そして何より特徴的なのは、
ホッキ貝を石で焼いているということ
つぼ焼き 七輪

ホッキ貝では生でも食べられますし、焼いても美味しいですよ。
ホッキ貝 石焼き 相馬

ホッキ貝の刺身 相馬

まあ、僕が頼んだのはホッキ貝丼でしたけど。
相馬 ホッキ貝の天ぷら

唐辛子もあって辛かったけど、それなりにはうまかったりする。

ちなみに父はカニづくし。
相馬のかに

それでも父に言わせると、『石焼きは珍しいがあまりうまくない』とのこと。
ひどい・・・。


さて、温泉。
最初は『飛天』という露天風呂に行こうかと思ったけれど、露天が内陸に面していたので、海のほとりの別の温泉に。
本当に入江沿いで、フェンスもなかったので、下手をすると車ごと落ちそうな道を進み、たどり着いたところは。

温泉、というよりは温泉の源であるカルシウムで水をろ過して作ったものなんですけれども、露天から見える景色はとてもきれいでしたよ。すぐそばに海がありました。
写真でとっときゃよかったけど・・・。

帰りは骨董品を見て帰る。
とはいっても倉庫のような店で、骨董品のどこに価値があるのか僕はわからなかったけど。
お化けが出そうでした…。
骨董品

今回のおまけ
太宰治短編小説集『グッド・バイ』・・・の予告編
本編がほしかったんだけど、いかんせん断片的にのっけてある動画だけ・・・。
萌え系アニメが苦手な人でも楽しめるし、DVD化されないかなあ・・・。

NHK 『Good Bye』Trailer from TYMOTE on Vimeo.

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【 2011/02/18 01:02 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
監獄の男たち ~銀魂・懲罰房にぶち込むぞ~
老囚人(シュウちゃん)の息子が既に亡くなり、悪徳看守長(以下カンちゃん)が代わりに手紙を書いていたということが発覚。
なぜそこまでカンちゃんがシュウちゃんに義理立てするのか、ちょっと疑問だったけど。もしかして本物の親子だったとか考えたりした。

実際はカンちゃんが若く、海千山千の囚人どもを手に余していた時、いろいろと相談に乗っていてくれたのがシュウちゃんだった。
そのことで恩返しをしたかったのであろう。
悪役であっても、やはり人間味はあったわけだ。


最後の手紙を書き終え、クーデターを起こした囚人たちに飛び込み、そしてぼこぼこにされるカンちゃん。
そんな折、すべてを知った銀さんがカンちゃんを死なせまいと飛び込む…。
男気あるところ、あるにはあるんだ。
そして白夜叉としての腕は、徒手空拳でも健在。

ひと騒動が終わり、カンちゃんがすべて罪を請け負って、看守長としての地位を追われることになった
これからマダオ人生の開始か?と思ったら、銀さんがちゃっかりと待機。
この騒動の功労者ということで釈放されたのだろうか。
とにもかくにも、シュウちゃんと最後の面会を勧める。
真実を話すか、それとも最後まで嘘をつき続けるか迷うカンちゃん。
とにもかくにも、自分に世話をしてくれたシュウちゃんが傷つけないように迷っていたのだろう。
悪徳看守長であっても、シュウちゃんを思う心はあったということか。

最後の面会で、シュウちゃんはすべてを悟っていたことを知る。
そして最後まで話が出来たことを感謝。
こういう、『血がつながっていなくてもできている絆』というのはいいもんだ・・・。

僕もいつかはあったような気がした、いや、あった絆である。

銀さんの言葉に
『血がつながっていても妹を殺そうとする兄もいりゃ
血がつながっていなくても、親子以上の絆で結ばれている者もいる
どっちが本当の親子だなんてわかりゃしないがな』

そんなものは正直、小説か漫画での絵空事でしかないと最近は思っていたが
星新一の『宇宙の男たち』で描かれた絆が、本当にあるのであろうか。


P.S. しかし銀さん、いちいち鯱の名前間違えるなよな。
今さらと思いましたがやっぱり人の名前とか間違えるのは失礼だと思います
それじゃ元気で金時君(坂本辰馬)』


今回のおまけ
銀魂 インフルエンザ


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2011/02/15 23:34 】

| 漫画・銀魂(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(4) |
光秀の末路 ~江・光秀の天下~
順逆無二門      順逆二門無し(間違ったことはしていない )
大道徹心源      大道心源に徹す(すべて心のままにやったこと)
五十五年夢      五十五年の夢(五十五年の夢)
覚来帰一元      覚め来りて 一元に帰す(今覚め、すべて無に還るのだ)


明智光秀の辞世の詩と言われている。
光秀は本能寺の変からわずか11日で敗れ、命を落とすことになる。
今回は主人公補正を受けた江が光秀と会い、光秀の心情を聞くことになる。

本能寺の変のことを聞き、悲嘆にくれる初。驚きつつも平静を保とうとする皆。
それでも江のことを案じるあたり、家族を思いやる気持ちはいつの時代もかわらないのか。
ただ、これだけいつもいつも死人が増えてくると、人間って適応能力ばかりが高いから・・・・。
引越しの時に妙に落ち着いていたのもそのためか?

江がとらえられたのは、本能寺の変の混乱で物盗りをしていた山賊につかまったため。
それで光秀がそれをとらえ、会うことになるんだとか。
いやはや、その可能性は無きにしも非ずだが…。
(新撰組!の第1話でも、近藤と土方、桂小五郎と坂本龍馬が黒船を見に行くシーンがあったなあ)

明智光秀の腹心・斉藤利三。
史実では豪勇無双の武人であったそうだが、どうも今回は江を人質にとろうとして、『逆らえば処刑する』と脅そうとしたり、どうも小物っぽい言動が目立つなあ…。
末娘が、後に江と大奥で対立する春日局になるのだから、伏線ぐらいは出してほしかった。

さて、光秀は律義な人間であったが、どうも人の心をつかむ力は弱かったようだ。
上杉や毛利と和睦し、天皇の許可を得るものの、娘婿の細川忠興からはみはなされ、後の連中も援軍を出さない。
典型的な洞ヶ峠と語り継がれるが、やはりみなみな、信長の威光がいまだに残っていたのであろうか。

かたや秀吉は『信長が生きている』というデマを旅の道中にばらまき、史実では安堵と恩賞をちらつかせて味方を次々と増やしていく。
人は結局自らの利害得失で動くが、信長の威光をちらつかせることで、秀吉が『義によって動く正義の士』であることを宣伝したかったのであろう。
ま、いつの時代の人間も変わらんな。
自分は結局利害得失で動くくせに、『義によって動く正義の士』は必ずいるというロマンを持つ。


今回の見せ場は江が光秀に会い、なぜ信長を殺めたのか、そして光秀の心中を知り、伯父の仇であっても死んでほしくないと言い切ることだったと思う。
光秀は『信長が自分を高く評価していた』ことを初めて知り、そのことを知って後悔。
衝動的な行動であったということがばれたか
「もはや自分は天の命に従って行動していただけなのかも」と言い切る。
ともあれ、これ、完全なる現実逃避じゃ・・・。
これじゃあ、負けるべくして負けたとしか言いようがないような。


ともあれ、この先に平和を夢見ていたことは、まあ信長も光秀も同じだったのだろう。
江の『天下をとったら平和をもたらす約束』を果たせないまま死んでいくことをわびて、光秀は切腹する。

もう一つの辞世の句。
心知らぬ 人は何とも 言はば言へ 身をも惜しまじ 名をも惜しまじ

たとえ人がなんと言おうと、自分は身も名も惜しまない行動をとったということなのだろう。
今回はそれが伝わらなくて残念。

余談だが、個人的にこの句を聞いて思い出すのは、坂本龍馬の句
世の人は 我を何とも 言はば言へ 我がなすことは 我のみぞ知る

龍馬は光秀を尊敬していて、光秀の子孫を自称した。
(坂本家の家紋は明智と同じ桔梗紋)
光秀がそれなりに強い人間だったからこそ、龍馬も尊敬出来たのであろう。

今回のおまけ
NHK大河ドラマ 「江~姫たちの戦国~」2 勝家公とお市の墓所
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/02/14 01:02 】

| 大河ドラマ 江 ~姫たちの戦国~ 感想(SPIRIT) | コメント(7) | トラックバック(13) |
大河ドラマの王道って何なんだ!?
大河ドラマの『江』のへんにロマンチックな演出が『大河ドラマらしくない』と批判されているらしい。
そういえば自分のお気に入りの『新選組!』も『まるで学芸会』と批判されてた。
ともあれ気になるのは

『大河ドラマの王道って何だ!?』

少年漫画の王道くらいは僕も知っているが(『ドラゴンボール』みたいな、努力・友情・熱いバトルの三点がそろったストーリーだろう)
大河ドラマを長年見てきた人間にしてみれば、『大河ドラマ(ないし時代劇)』のお約束じみたのがあるのだろうが。大河ドラマの王道=時代劇の王道といったところだろうかねえ。
具体的には

①台詞を渋く、時代考証に沿った形でしゃべる
役者は地声よりも低く、ゆっくりと、時代に合った形で話すべきなのだろう。
『記憶力』は『物覚え』、『ありがとう』は『かたじけない』というように言葉も変えて。
高橋秀樹や西田敏行あたりはそれが上手いのであろう。

②第一級の資料・記録に忠実に、そのほかは当時の人間の心情を考慮して
明智軍記や信長公記といった史実に忠実に。
記録に記されていない細かな心理描写や行動は、その人物にのっとったつもりで書くとか。
『小説神髄』にあるように、『心理学に基づいて人物を仮作(つく)る』といったところだろうか。


そしてなにより、『ドラマ=人間の我力』という観点に基づいて、人物の欲望がどのような形で史実に結びつくのかを描くというのが大事なのだろう。
そこが脚本家の腕に左右されるのだろうが。

ともあれ、原作があった方が人物もストーリーも作りやすいだろう。
そう思うと三谷幸喜や、龍馬伝の作者の才能は目が見張るものがある。

ともあれ、大河ドラマも模索の時期。
若い人からお年寄りまで、男も女も気に入る万人向けの大河ドラマをさがしているのだろうが。
その答えはいつ見つかる?
(僕はどちらでもいいよ。『炎立つ』もみたけど面白かったし。)


P.S.トリビア。
大河ドラマの最多出演者ベスト3は

男性 1位 江守 徹(17)
    2位 久米 明(14)
       北村 和夫(14)


女性 1位 藤村志保(7)
    2位 大原麗子(6)
       松坂慶子(6)
       草笛光子(6)


なんだとか。

今回のおまけ
青と赤編。

神八剣伝 第17話 『コウたち、脱出する』



らき☆すた 第17話 『お天道様のもと』

Watch Lucky Star Episodio 17 [Sub-Ita] in å��ç�»  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:大河ドラマ 江 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2011/02/12 22:48 】

| 主張・雑感(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ