FC2ブログ

ナマコを食べる ~タイガーマスクの件で思う~
始めて海鼠(なまこ)を食い出せる人は其胆力に於て敬すべく、
始めて河豚を喫(きつ)せる漢(おとこ)は其勇気に於て重んずべし。
海鼠を食(くら)えるものは親鸞の再来にして、
河豚を喫せるものは日蓮の分身なり。
夏目漱石著『吾輩は猫である』



伊達直人(=タイガーマスク)と名乗る人物が児童施設にランドセルを送ったのをきっかけに『伊達直人』『矢吹丈』『桃太郎』など様々な名前で児童養護施設にプレゼントする出来事が頻発している。
慈善の思いが残っていると評価する人がいる一方、偽善だと言う人もいる。

僕に言わせれば、善意の偽善のそんなことを言うのはナンセンスだ。
そして、無私の心でボランティアをした、と簡単に言い切るのも。
人間の感情はあいまいで、常に揺れ動いて迷っている。
一概に『無私』の『利己』の『無償』の言い切れぬ。

そういう意味では
『無私の人間などいない。
弱き人間に無私・無償の心など持てない。』

という自分の持論は変わらない。

ただ、動機が不純であろうと、
勇気をもって行動すること、
ナマコを食べる思いで行動すること
そのものが素晴らしいと思うのだ。


僕を含めて人間は愚かなものだから、
頑張れないし、利己的な思いが混ざる。
それはしょうがない。
それでも、行動できるだけで十分だと思う。
待つのでは意味がない


幸い後に続く人間は増え、動機が何であれ慈善の行為を行っている。
それが一時的なブームにならないことを祈る。
そして僕も、ナマコを食べられるよう努力したいと思っている。

『無理をしないで
なまけない
わたしは
弱い人間だ
から』


P.S.
ちなみにタイガーマスクはもともとは悪役レスラーだったらしい。
悪役養成部門『虎の門』で訓練を受け、反則プレーで名を馳せつつも自分のあり方に疑問を持ち、やがて正統派レスラーに転向。

反則プレーの癖が抜けきれなかったり、なかなか勝てなかったりで葛藤はあるものの、だんだん強くなって虎の門に立ち向かっていくと。
となると仮面ライダーみたいなものか。
僕はヒーローとしては仮面ライダーや009のような『邪悪な力で邪悪に対抗する』という人物が好きだったりする。

今回のおまけ
『行け! タイガーマスク』
タイガーマスクのOPテーマ

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:最近のニュース - ジャンル:ニュース

【 2011/01/15 01:29 】

| 主張・雑感(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(8) |
| ホーム |