FC2ブログ

第三の道はあるか?
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)を受け入れるか否か、ちょっと党内でももめている。

毎日新聞の『マニフェスト通信簿』を調べてみると、
先の衆院選では

『米国との間で自由貿易協定(FTA)の交渉を促進し、貿易・投資の自由化を進める。その際、食の安全・安定供給、食料自給率の向上、国内農業・農村の振興などを損なうことは行わない。』

『アジア・太平洋諸国をはじめとして、世界の国々との投資・労働や知的財産など広い分野を含む経済連携協定(EPA)、自由貿易協定(FTA)の交渉を積極的に推進する。その際、食の安全・安定供給、食料自給率の向上、国内農業・農村の振興などを損なうことは行わない。』

とある。
TPPも『世界の国々との経済連携協定』に含まれているから、まあれっきとした公約ではある。
ともあれ、今の戸別所得保障では、国内農家の保護はできないだろう。
TPPに入れば、確実に打撃を受ける。


もともと『諸外国との自由貿易』と『農家の戸別所得補償』はセットになっていて、
『諸外国との自由貿易による外交促進と、国内農家の保護、この2点を両立させる』
が目的だという。


目的は正しいのだろうが、TPPや自由貿易では国内に打撃を与えるだけ。
より農家の保護を強化してから、TPPなどの自由貿易に踏み切るべきだろう。

たとえば、農協を国が直接管理し、(少なくとも法人化・・・って、もうしているかな)農作物を自由に耕作できる権利を与える一方、海外に輸出するものと国内に販売するものとに分けて、価格を調整するとか。
こうすれば、農家の保護にもなるし、自由貿易下での諸外国との競争の作戦にもなると思う。
(もちろん、上から一方的に決めるのではなくて、農協の代表者や民間識者の合議制で)

これは一例だが、TPP、国内農業の保護、2つに1つではなくて、『第三の道』がある気がするのだ。
官民そろって知恵を絞らないと実行に移せない気がするが。

それがみつかるまで、国内の農業保護を第一とすべきだろう。
朝日も毎日も読売も、TPPへの加入を奨めているが、ちょっといただけない。


自分の意見が正しいとは思っていないし、便所の落書きで出来ることは高が知れてるとは分かってる。
でも自分の人生と同じで、手探りで答えを見つけださないといけない気がする。


僕らはきっと暗闇の
腕(かいな)から生まれてきた
叶わぬ恋をするように
光へと彷徨(さまよ)ってゆく
どこまでも果てしのない
この道を 帰る術(すべ)はない


今回のおまけ音楽『荒野流転』の曲だけど、まさに自分もこんなイメージで道を歩いている気がする。

今回のおまけ
荒野流転(by FictionJunction YUUKA )
もともとは『幕末機関説 ~いろはにほへと~』の主題歌だけど、今回の映像は銀魂です。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【 2010/11/04 23:39 】

| 主張・雑感 (政治関連) | コメント(2) | トラックバック(5) |
| ホーム |