FC2ブログ

武器輸出三原則緩和に反対
柳田法相の失言が新聞の一面をにぎわせている。
それはそれで問題なのだろうが、政策に比べれば枝葉末節のこと。

ちょっと新聞の隅っこを調べると、
・民社国が派遣法改定のために会談
・政調会では環境税の導入検討。
・武器輸出三原則緩和の検討
・衆院厚労委員会で自立支援法改定案(受けたサービスの量ではなく、受けた人の支払う能力に合わせてサービス料金が決まる)通過
・雇用を増やした企業には法人税控除

とある。
先の衆院選マニフェストにもあった『国の出先機関を廃止』も最終調整に入った。
野党もマスコミも、こちらのほうに目を向けて調べ、その是非を問うべきではあるまいか。
もとより、『李下に冠を正さず』も正しいが。

僕自身は環境税導入と雇用を増やすことによる税控除は賛成、武器輸出三原則緩和は反対。派遣法改定と自立支援法改定は・・保留かな。中身よくわからないし。

武器輸出三原則とは、1967年に佐藤栄作首相が、(1)共産圏諸国(2)国連決議で禁止された国(3)国際紛争の当事国やおそれのある国--への武器輸出を認めないと表明したことに由来するという。
今回はそれを緩和し、新たな原則を設ける形で話が進んでおり、現在は佐藤内閣当時の基準に緩和したうえで、新たな原則を策定する考えが主流だとか。(菅総理は三原則を堅持したいらしいが・・・。)

繰り返すが、緩和は反対である。
平和国家の理念を持ち、非核三原則(密約があったにせよ)を持つ日本が、輸出三原則を緩和して『死の商人』として武器を輸出してしまっては、明らかに理念と矛盾する。
もちろん武器に関する情報は仕入れ、国防のための武器は購入するにしても、武器の輸出範囲をむやみに広げるべきではない。
毎日新聞によれば、『武器・技術の共同開発・生産が国際的な流れ』となっているという。これは間違いなかろう。
しかし外国には事情を話して理解してもらうしかあるまい。
三原則を脅かす共同開発には参加せず、武器の情報だけ仕入れて開発に当たるという手もあると思う。

『国際貢献ができない』『国防はどうなる』という意見もあるだろうが、国際貢献は金的とはいかずともNPOを中心に派遣させ、現地の人々の生活を向上させれば貢献になると思うし、最新の武器の情報は外国から仕入れ、購入するか自前で作成することが出来るとおもう(100%の出来とはいかずとも)。


今は幕末ブームで、『幕末志士が無私の心を持っていた』等と言われているが、人間を舐めてもらっちゃ困る、と言いたい

幕末志士は、志士なんて言うが、その心理を誰が理解できるか。推測はできるだろうが。
清らかな建て前は記録できるが、本音なんて誰もわかりゃしない。

上級武士に対する恨みもあったかもしれないし、権力欲だってあったはず。
坂本龍馬だって裏返せば『死の商人』。
人間これ複雑なるもの、常に揺れ動くものに、『無私の心』を持つなんて言えるものか。


僕ら弱き人間が、無私の心なんて持てるわけがないんだ。決して。
人間はエゴの塊、もっというなら、エゴそのものなんだ。


それでも手探りで答えを見つけるしかない。
人生にしても、これにしても。

P.S.
柳田法相の失言。
これはまずいが、マスコミの報道にも、小沢氏と同じ時のような違和感を感じる。(というか『検察の在り方検討会議』はどうなんの?)

星新一のショートショートに『悪への挑戦』というのがある。(『白い服の男(新潮文庫)に載ってます』)
犯罪を犯した者が逮捕され、苦痛を受け、判決を下され、処刑されて行く様をテレビが面白おかしくもり立て、主人公ら大衆がそれを見て狂喜するものだ。
テレビがあおれば人々もついていく。

今回のおまけ
ちょっと懐かしい曲です。(本来は『青と赤編』だったんだけど、今回も延期。すみませんm(__)m)
安全地帯 『碧い瞳のエリス』

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

【 2010/11/20 21:47 】

| 主張・雑感 (政治関連) | コメント(0) | トラックバック(2) |
豚丼・ロコモコ・ムギ飯 それから
最近は親の誘いでB級グルメのランチをたまに取ることが。
まずは豚丼

仙台港のアウトレットモールにある豚丼・まる家』で特選豚丼を食べてきました。
炭火で焼いているから,やわらかくて、脂っぽくなく、うまいこと。

豚丼(食いかけでスミマセンm(__)m)
普通の豚丼

東北の平畠牧場の豚から作ったそうです。
美味しそうでしょ。

ちなみに同じブランドのレストランでも、仙台ララガーデンにある豚丼はあまりうまくなかったです。
油が足りないというか、ぱさぱさと言うか・・。

ララガーデンの豚丼
ララガーデンの豚丼

同じ平畠牧場からとってきたらしいですが。

ちなみに生キャラメルで有名な花畑牧場は北海道の十勝にあるそうです。
頭の片隅にとどめておけば、OK牧場。


続いて、うちの家族が食べたロコモコ弁当。
三井のアウトレットのレストランで食べました。
ロコモコ丼

ロコモコ丼は白飯にハンバーグをのっけた代物。
『loco』は地元と言う意味、『moco』はハワイ語で『混ぜ合わせる』という意味らしいです。
僕は口にしなかったけど、どんな味かな。


それから、ララガーデンの『牛たん焼・伊達者』で食べたムギ飯。
普通の飯とはちょっと変わっているでしょ?焦がしムギ飯です。
ムギ飯

歯ごたえもあるし、栄養満点だそうです。

牛たん

皆さんもたまには、こんなB級グルメを召し上がってはどうですか?

今回のおまけ
B級グルメじゃないけれど、自作の卵サンド (パンは小麦粉から作った自家製です)
SPIRIT作の卵サンド

-DragonBall MAD- ヘタレの拳
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:B級グルメ - ジャンル:日記

【 2010/11/20 02:29 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(5) | トラックバック(0) |
「アバサー」まであと少し
あと1時間ほどで25歳になる早乙女乱子です。こんばんは。


漫画のキャラで言えば、あやのの2週間後、あずにゃんの1週間後が私の誕生日。そして茅原実里さんと中原貴之選手(ベガルタ仙台)の誕生日と一緒です。ただ、もう1時間ほどで自分が25歳になる実感がまったくないですね。「アラサー(=around thirty)」もとい「アバサー(=about thirty。私が勝手にアラサーをもじっただけ)」という年齢を目前にしても、根本的にはほとんど変わってないから大人になったのかどうかすら微妙な感じがします。相変わらずアニメや漫画にどっぷりとはまってるし、アダルトゲームもやってるという一般人レベルで見れば「キモい」タイプですし、些細なことにいらつくイヤなヤツでもあります。こういうところは年齢不相応どころか子どもっぽいと自覚してますよ。まあ、社会人という立場に身を置いていることで思考や立ち居振る舞いはそれなりに成長したと思うけど。ってか、そこが学生のままだったらかなりヤバいし…

前置きが長くなったけど、25歳目前にして思うのは、今日まで歩いてこれたのは自分以外の人が支えてくれ、そして自分も誰かの支えとなって今までの日々を過ごしてきたからということ。自分のブログでも書いたけど、平凡な日常が続くとそれが当たり前のごとくこれからも続いていくという気持ちになりがちなのよね。実際にはこういう「支え合い」のおかげでその平凡が成り立っているんだから当たり前じゃない。ぶっちゃけ、そのレベルで考えると私が今日まで生きてることも同じように当たり前じゃない。平凡な日々が当たり前じゃないことを常に忘れないで、周りの人に常に感謝しながら生きていきたいものです。
あとは、ありのままの自分を大事にしていきたい。「仕事しているときの私」も「アニメや漫画にはまっている私」も本当の自分だし、どちらも無理矢理ねじ曲げられないもんね。区別をつけつつも、自分らしさを出して気楽にやっていきたいと思います。


プレゼント
相方からついさっき届いたプレゼントの1つ。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のマグカップです。3巻の表紙イラストがそのままマグカップにプリントされているものだけど、改めてみると桐乃らしいわホント。兄貴を突き飛ばして居丈高な感じが特にね。本当にありがとう、我が相方よ。他にもらった本も大事に読むからね。この年齢になってもアニメ好きで、あまり人の見本になるようなことはしてない私だけどこれからもよろしくお願いします。
続きを読むブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

【 2010/11/17 23:19 】

| 乱子 | コメント(2) | トラックバック(0) |
万事屋の社会見学 ~銀魂~
小学校の社会見学の季節。万事屋にも見学しに来る子が・・。

っておいおい、こんな胡散臭い商売見せても何の意味もないような・・。(むしろ悪い方向行っちゃうよ。)
しかもティッシュでパトリオットなるさらに怪しい物を見せて、職人気取りの銀さん・・・。
どうせならぱっつぁんの道場見せた方が良かったのでは・・・。

真選組も『腐れ警察』と言われる始末。
久々に登場した吉原の月詠も、吉原の仕事を答えられず、逆に子供に暴かれる体たらく・・・。
まあ、吉原の芸子は体をひさぐ仕事もあるし、この時期の子供って結構ませているしね。

あげくゴリは『ストーカー』という職業を教えるって・・・・局長の仕事教えろ!!
マダオもパトリオットを使い、パトリオットの仕事・・・って職業じゃないって、フリーターならフリーターらしく、マダオならマダオらしい言葉を伝えるべきだと思うけどなあ。

大きい子供ばっかりだなあ、銀魂の世界の大人って・・・と言いたいところだけど、みな自分の理想の大人蔵がつかめず、結構悩んでいるかも・。

てな訳でどうやら続くらしい。
もしかしてティッシュのパトリオットがキーとなる?

今回のおまけ

Hello, Again (Ballad ver.) - JUJU

銀魂バトン

Q1 銀魂で一番好きな伽羅は?
A1 ずばり、高杉晋助!
Q2 万事屋トリオの中で一番好きな人は?
A2 志村新八。 彼が主人公でも十分いける気がする。 (あ、それじゃあ『新魂』になっちゃうか。)
Q3 真選組の中で一番好きな人は?
A3 土方かな。 歳三は僕の理想だし。
Q4 ずばり万事屋派? 真選組派?
A4 真撰組です
Q5 お妙さんは銀さんが好きだと思う?
A5 どうでしょうなあ?
Q6 高杉は銀さんが好きだと思う?
A6 親近感はあるだろうけど、好きかなあ? いつかは手に掛けるつもりだと思う。
Q7 土方は沖田を狙ってると思う?
A7 それはない。
Q8 山崎は常に誰かに構ってほしいと思ってるとおもう?
A8 地味だからな。 特に新八にはかまってほしいだろう。
Q9 定春とエリーはどっちが好き?
A9 文句なしでエリー。
Q10 …つかれた?
A10 いやいや、まだまだいけます。
Q11 ……めんどくさい?
A11 あははは・・案外銀魂の世界観ってゆるいからね
Q12 最後に、銀魂をこれからも愛すことを誓いますか?
A12 はい。最終回まで付き合わせてもらいます
Q13 これを回す人を5人どうぞ
A13 周りに銀魂好きな人いないから困る
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2010/11/15 23:05 】

| 漫画・銀魂(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
下士の直訴 ~龍馬伝・土佐の大勝負~
大政奉還を実現するためには山内容堂が幕府に対して進言する必要があった。
後藤象二郎とのコネを利用して山内容堂に大政奉還を進言する龍馬。

無血革命を成功させるため、容堂の力が必要と説いた龍馬。
級友を殺した憎しみはあるが、母の‘憎しみからは何も生まれない’という遺言をかみしめたと説く龍馬。
むろん彼の気迫に押されたことは言えるだろう。

ともあれ、『幕府も藩もなく、あとは日本人のうち志あるものが日本を作る』という龍馬の構想を聞いて、いかなる気持であっただろうか。
『酔えば勤皇、醒めれば佐幕』と揶揄された容堂。
大殿としての地位を失う恐れもあっただろうし、下士の分際で自分に進言してきた龍馬に対する嫌悪感もあったはず。

にもかかわらず、大政奉還の文を書くに踏み切った理由は、やはり大殿としての自覚と、幕府に対する恨みがあったからだろうか。むろん、己の命も危険にさらされること、家が取りつぶしになる恐れはある思いはあったはず。
この時の容堂の気持ちは正直、僕は全く読めない。
人間これ複雑なるものが故の行動である。

僕らは永遠に、容堂の思いを読むことはできないのではあるまいか。

おそらく、容堂自身、下士の分際で自分に意見を言ってきた龍馬に対する嫌悪感はあったはずだ。
『大殿さまはわしの味方』と姉・乙女に豪語した龍馬だが、いかなるものであったか。

「龍馬の周りは敵ばかり」と言いきった乙女は見事であるし、この論は正論であったろうと思う。

実際には、容堂はこののち悠々自適の生活を送り、1872年、46歳の生涯を全うしている。
維新後は酒と女と作詩に明け暮れた豪勢な生活を送っていたこと、酔っていたときに『半平太、許せ』とつぶやいていたのは、下士の分際で自分に意見した龍馬のことや、世の中の急激な変化についていけなかったからだろうか。
『鯨海酔候』と自称した容堂には、そういう繊細さもあったのかも。


方や甥の後藤象二郎は、自由民権運動にも参加し、1897年に59歳の生涯を閉じる。
ただ、維新後になってからはしばしば政府の買収に応じていたという話であるが、どんなものであろう。
叔父甥そろって、その心理を読むことはできない。

とにもかくにも、龍馬暗殺まであと40日、最終回まであと2話・・・。

P.S. ごめん、何かこの物語の龍馬、どうしても好きになれなくて、敵役(岩崎弥太郎を含む)の方に感情移入してしまう。
やはり完璧すぎてどうも親しみがわかない。

その弥太郎は、夜な夜なビジネスの本をひそかに読み、藩の中の同志をを次々と集めていく。
やはり身分にこだわらず、実力で人を見る人間はほかにもいたんだ。
良かったじゃん、弥太郎。

今回のおまけ
またしても『青と赤編』。

らき☆すた 第4話『やる気の問題』


神八剣伝(しん はっけんでん) 第4話『コウ、運命を知る』


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/11/15 01:40 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(3) |
前ページ | ホーム | 次ページ