FC2ブログ

さらばお元 ~龍馬伝・雨の逃亡者~
大政奉還に向けて着々と準備を迎えている矢先、イギリスの船員が何者かに暗殺される事件が起こる。
白い袴をはいていたという証言から海援隊の一因ではないかという疑いがかかり、龍馬に疑いがかかる。

やや官僚的な一面のある朝比奈奉行にとっては絶好のタイミングであっただろう。
これを期に土佐商会との貿易を禁止するなど、土佐に圧力をかける。
(これなども一因で薩土盟約が破たんするのですから、ある意味成功でしょうか・・・。)
更にかつてスパイとして活動していたお元も疑い、彼女がキリシタンであることを知る。

保身に走る気持ちはわからなくはない。
もはや龍馬は幕府転覆をたくらむお尋ね者でもあるのだから。泳がせて幕府がなくなれば自分の責任になる。
弥太郎もお元も、龍馬に寄って振り回され、龍馬によって普通の生活を奪われる。
その点では同じ。

ともあれ、同じ苦労をしていても、龍馬を骨の髄まで毛嫌いする弥太郎と、龍馬を信じ続けるお元の違いは何だろう。
それはおそらく、龍馬の第一印象によるものではないか。
亀山社中のトップとして会い、『みんなが笑うて暮らせる世の中』を目指すと豪語し、自分のために力を尽くす龍馬を見たお元。
かたや同じ土佐で過ごし、裕福な下士としてのびのびと育ち、薩長同盟締結も幕府敗北もスムーズ成功させ、さらに大政奉還まで目指すと豪語する彼を見つめた地下浪人・弥太郎。
同じ苦労人でもずいぶん印象は違ってくるだろうな。(弥太郎の方がひがみっぽい、ともとれるが。


「わしもお元も、お前に振り回され、お前のせいで人生を狂わされた」となじる弥太郎。弥太郎にしてみれば、これからビジネスがうまくいきそうだというときに悔しかったのであろう。それに彼は向上心も強く、自分の才に自信があったのだから。

ともあれ、やっぱり龍馬よりも弥太郎の方が僕は好きだったりする。
底の底に生まれ、高みを目指しつつ挫折を繰り返し、泥にまみれ続ける。そしていつも龍馬ら周囲に当たり散らす。
そういう意味では、龍馬伝の冒頭に登場した、あの汚い弥太郎は出征しても変わっていない。
いつも心は、地下浪人時代の弥太郎のような気がする。


僕も龍馬にはなれないから、せめて弥太郎のようにはなりたい、と思うこの頃。

P.S.よくイギリス人、一介の芸鼓をイギリスへと行かせる気になりましたなあ。仕事に市場を持ち込むのはまずいんじゃ。



(11/1追記:匿名さんへ)
匿名さんへ:拍手ありがとうございます。
      これから社会に出て、何度も転ぶだろうけど、自力で起き上がろうと思っています。
      よろしくお願いします。

今回のおまけ
【龍馬伝MAD】龍馬伝でファンタCM
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/10/31 23:39 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |