FC2ブログ

なんでやねん ~銀魂~
いやあ、まさに『なんでやねん』というべき結末でした。
今回のカニ編。

挟みは神楽に、カニミソは銀さんにとられ、残った甲羅を鍋のだしに使う新八。
いやあ、地味だけど無駄がない。
戦国大名風城の攻め込みというのがなんとも・・・。


神楽はムスカばりのスタイルで蟹雑炊を作り(○○がゴミのようだとは言わないのね)、決戦に勝とうとする
しかしカニミソ姫の仲介で仲直り・・っておまえら、熱が冷めるとどこまで冷めんの?鍋すてちゃって


誰かと争わないと燃えないんか?
お登勢もヅラも登場せず、箱庭の争いで終わっちゃったけれど。

ちなみに僕はあまり蟹を食いたいとは思ってない。
質より量の気質なんで、たらふく食えればファーストフードでも・・。


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:銀魂 - ジャンル:アニメ・コミック

【 2010/10/26 21:24 】

| 漫画・銀魂(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
龍馬の思考、周りの思惑 ~龍馬伝・船中八策~
大出世して葉巻を吸うようになった弥太郎。
注文が沢山来ると『わしの力』と言い、都合悪いことが起こると『わしは後藤様に利用されてるだけ』と言ったり、気性の激しさと虫のよさは相変わらずか。
最初の時から変わってないなあ。


さて、グラバーからイギリスの『カンパニー』の話を聞き、さらなる貿易拡大を目指す弥太郎。
そんなおりにお慶から『無私の心で国を動かそうとする者』の話を聞く。
どうも嘘くさく感じるのは僕だけ?
僕自身が『無私の人間』を信じない気質だからかも。人は生まれながらにして私の塊、教えなくてもエゴイズムをもつ


これからはじまると思われる戦にむけて、気合いをいれるグラバーと弥太郎。
まあ彼等も見方を変えれば『死の商人』だからね。

さて、薩摩や長州、そして中岡慎太郎は武力討幕による旧体制の一掃を考えるが、龍馬はあくまで平和にのりきろうと考える。
どっちも正しい答えではあるんだろうが、外国がそれを利用して一儲けしようとしたことを考えれば、龍馬のほうが上手か。
ともあれ、沈毅と呼ばれた徳川慶喜の政治力があるかぎり薩長は上に立てない。そう考えると薩摩と長州の面々が怨むのも無理はない気がする。

まあ、大政奉還がうまくいかなかった場合、土佐が薩摩をサポートするという約束を取り付けた意味はあったかもね。
後に戊辰戦争が始まった時、乾(板垣)退助ら陸援隊は薩長をサポートしてるし。

船中八策、諸外国のように二院制を取り、実力主義の議会制を取るという龍馬の政治構想。
結局は慶喜が総統になるという、幕府と薩長の意見の妥協案で落ち着くのだが。
今まで龍馬が学んできたことの集大成というのがよかった。
ここで母の教え『憎しみからは何も生まれない』という、第1話の伏線を持ち出すところも
まさに伏線の結晶といったところか。


龍馬暗殺、どうなるか。
個人的には、戦が回避されて儲けのあてが外れた弥太郎が龍馬を手に掛けてほしいんだけど(その後大泣き)
・・・無理だよね。


今回のおまけ
久々のダークサイドコンボ。

笑ゥせぇるすまん『フクロウの目』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/10/26 21:19 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(2) |
| ホーム |