FC2ブログ

海援隊誕生! ~龍馬伝・清風亭の対決~
ワイルツェフ号が沈没してからというもの、亀山社中の経営は苦しくなるばかり。
ただ、薩長同盟で見せた社中の交渉力・経済力・輸送力を評価する人間は少なくなかったようで、後藤象二郎もその一人だった。
今回は後藤との会談だったが、社中の経営事情が描かれていなかったのが残念。
ラストも、龍馬が『才谷梅太郎』と改名するって・・・どうでもいいんだよそんなの。

さて、後藤象二郎はこれから先、自分が討幕の主導権を握りたいと考えていたようだ。
ともあれ、自分に逆らい、吉田東洋を自分が殺したと豪語した龍馬は憎かっただろうに。
龍馬もまた、武市半平太や岡田以蔵を殺した上士は嫌っていただろう。
個人的には、大政奉還という『大望』をかなえるためというより、社中の解散を恐れて象二郎に歩み寄ったという設定のほうがよかったな。
彼とて自分やその友達が食いっぱぐれるのを恐れていただろうし、そのほうが人間っぽい。

(坂の上のヒゲオヤジさんによれば、実際は薩摩から援助金をもらっていて困窮してはいなかったとか。

両者一触即発の状態で会談は始まる。
しかし説明の仕方はわかりやすいが、龍馬、大風呂敷を広げすぎてないか?
師の勝海舟の影響かも。

とにもかくにも、翔天隊の誕生。
これからがどう動くか。
その前に高杉晋作が死んじゃうけど。

今回のおまけ
残念ながら龍馬伝関連動画のネタが尽きてきています。
仕方がないので、福山雅治のカラオケの十八番を・・・・。

サザンオールスターズ 『マンピーのG★SPOT(笑)』
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/10/06 21:59 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(2) |
| ホーム |