FC2ブログ

神々しい高杉晋作 ~龍馬伝・馬関の軌跡~
今回の高杉晋作はとても神々しい。
弾が飛び交う戦場を、鎧一つ付けず三味線を弾きながら通りかかるとは・・・。
しかも二刀流を使いこなしているし…。
神だなあ。

戦いの後に、『戦わずして政権を幕府から手放させる』という方策を考える龍馬に、桂小五郎は『大政奉還』という夢物語を語る。
龍馬は『奇跡を起こさない限り、日本は滅びる』と言っていたけど、やっぱり夢物語で終わったように僕は思える。
形式こそ大政奉還だけど、幕府勢力は温存され、徳川慶喜もトップに立つという形だったから。

さて、弥太郎は再び小ざっぱりした姿で登場。
後藤象二郎側近の官僚として大出世したような感じですなあ。
ともあれ、グラバーとの交渉やお慶との会話のあたりで龍馬の話が出てくると、すぐに激昂して商談を台無しにしてしまうあたり、ひがみ根性は相変わらずか・・・。
でも僕はこのドラマでは、龍馬より弥太郎の方が好きなんだよな。
人間くさくて。
僕自身が、龍馬のような『聖人』を妬み嫉み続ける岩崎弥太郎だからかも。


龍馬が死んでも弥太郎は彼を嫌いと言い続ける。
ともあれ、『嫌い嫌いも好きのうち』というからなあ。
(そういえば、秀吉の話が出てきたけど、そういえば香川照之は秀吉も演じているよね。これは狙ってる?)

余談だが、僕は銀魂のキャラの中では高杉晋助が一番好き。
『俺はただ壊すだけだ、この腐った世の中を・・・。』と言いきる啖呵、ニヒルな振る舞いがすっごく魅力的で。
銀魂は2年後に突入したけど、晋助出てくるかなあ。
神威と組んで地球に攻め込んだりして。

拍手へのお返事
匿名さん:ネットでは顔が見えないから、どんなことでも出来てしまいますよね。
kojitakenさんも気の毒です。
やはりもう少しネットユーザーはルールをわきまえないと。

今回のおまけ

銀魂 攘夷MAD (THE YELLOW MONKEY 『バラ色の日々』)
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/09/26 22:32 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(7) |
| ホーム |