FC2ブログ

図々しいなあ・・。 ~龍馬伝・新天地・長崎~
てな訳で始まった、龍馬伝第3部。
武市半平太・岡田以蔵の死後、長崎にのりこむ龍馬たち。

ともあれ、グラバー邸にずかずか入り込んで蒸気船交渉するわ、長州の連中が騒いでる所に入り込むわ、図々しいこと極まりない。
船を操縦できる技術があったから一目置かれたものの、そうでなければ図々しいごろつきとして嫌われているはず。
逆を言うとそれだけの才能と度胸があったからこそ、外国や薩長を振り回すことが出来たし、だからこそ暗殺されたんだろうな。

『三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい
この都々逸が有名なニューフェイス・高杉晋作。
なるほど、頭の切れそうな男だ。
同時に血の気もまた多く、偶然その場に居合わせた(狭い町だ)薩摩藩と一触即発しそうになる。
攘夷という点では一致しているものの、薩摩だ長州だの枠から抜け出せない西郷と高杉。
ともあれ、西郷はともかくアウトローの高杉は龍馬の考えに共感してもいいと思うけどな。

長崎にやってきた龍馬たち、徒手空拳の状態から亀山社中を完成させていくのでありますが…。
幕府の間者である舞妓はんもいたり、一筋縄ではいかなそうです。

今回のおまけ
X Japan- Endless Rain (PV)
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/07/19 23:55 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(2) |
| ホーム |