FC2ブログ

龍と龍 ~龍馬伝・龍という女~
のちに坂本龍馬の妻となるお龍が今回初登場。
安政の大獄で処罰された医者の娘ということもあって、結構苦労しているらしい。

なるほど、史実通り、結構気の強い人物なようである。
ただ、当時の女性としては・・・な感じで、龍馬亡きあとは結構荒んだ人生を送ったらしい。
やはり良妻賢母から脱しているお龍には、アウトローなところもある龍馬がベストパートナーなのかもしれない。
それでも龍馬、京の舞妓はんにも手を出しちゃうんだから、ほんと『女ったらし(岩崎弥太郎)』というかなんというか。

野良犬のように逃げ回り、恋人とも別れた以蔵だが、ついに土佐藩に捕まることに。
小説では武士とのつまらぬ喧嘩で逮捕され、無宿人として追放を受けたのちに逮捕されているが、どうもフィクションらしい。
土佐に帰って、やはり武市半平太に毒を盛られるのか?

それにしても今回の新撰組、文字通りの無言な殺人マシン。
やっぱり人間味のある新撰組のほうが面白いや。

方や武市半平太は牢に放り込まれ、上士という理由で拷問を受けず、仲間たちのうめき声に苦しむことに。
小説では土佐独特の『搾木』という機械で苦しめられていたらしいが、これは木製の大掛かりな器械で、三角形の木をギザギザに並べて向かい合わせに設置し、間に正座させた囚人の足を入れ、上から圧搾するもの。
またけったいなやりかたを・・・。
半平太、せめて苦しみを一刻でも早く終わらせるために、毒薬を皆に渡す、という話の展開になるのであろうか。

岩崎弥太郎は商売がうまくいって小ざっぱりした姿に。
次の回では長女も生まれるし、上り坂だねえ。

今回のおまけ
写真で見る龍馬伝
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



【 2010/05/31 20:52 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(2) |
| ホーム |