FC2ブログ

勝との出会い ~龍馬伝・勝麟太郎~
勝海舟こと勝麟太郎に龍馬があったのは、文久2年12月。
一説では、開国論者であった麟太郎を龍馬が斬るつもりで訪れたものの、逆に勝の考え方に感銘を受けて弟子入りしたという話であるが、どうも麟太郎の法螺か記憶違いらしい。
このドラマでもそういうストーリーにはなっておらず『日本のことを真剣に考える』勝にお会いしたいという事で会ったらしいが、今までのドラマの流れ「日本人同士でいがみ合い、殺しあってどうする」という龍馬の疑問からも、この方がつじつまが合う。

さて、勝に会った龍馬であるが、さんざ答えられない質問を受けた挙句、ぼろくそに言われて後にする。
もともと勝は癇癪が強く法螺吹きで、口も悪かったため、生涯を通じて敵が少なくなかったらしい。
一緒に咸臨丸に乗った福沢諭吉もその一人で、彼を『やせ我慢をせぬもの』とこき下ろしている

福沢は法螺吹きがきらいだったという事もある。
まあ、福沢や龍馬でなくとも、これだけ口が悪いならば敵が出来やすいわな。
人間はやっぱり感情の動物。


方や武市半平太は以蔵と共に勝を訪れ、付添い人の饅頭屋を『饅頭屋の分際で』とこきおろす。
とんとん拍子の出世をすれば自然と人間は思いあがってくるものらしい。
この思い上がりがやがて半平太自身の滅亡へとつながっていくのだろうか。
しかしよく暗殺しなかったな。

半平太の龍馬評から、勝は龍馬を見直し、咸臨丸を見せるのでございますが・・・。
はてさて、勝は龍馬にどんな事を教える?

今回のおまけ
「龍馬伝」第2部スタート


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/04/24 23:54 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(3) |
| ホーム |