FC2ブログ

ロミオとジュリエット? ~龍馬伝・引き裂かれた愛~
加尾と龍馬は、周りの政治闘争に巻き込まれ、引き離される羽目に・・・。
親族の考え方の違いで引き離されるというのは、ロミオとジュリエットに似ている、とまでは言わないが。

収二郎は妹の幸せを願って帝の側近とさせるつもりだけれど、その妹が龍馬に惚れているというのだから、正直迷っただろう。
ただ『土佐の下士の娘』よりは『帝の側近』に彼女を出世した方がいいと思ったんだろうな。

武市半平太も迷ったが、『もうすでに加尾を送ると決めていた』という上の決定で、渋々送るはめに。
ひとり考えているところに、もう一人の自分がささやく演出は現実離れしてるけど、これはこれでいいか。
最も上も、出世のために半平太を利用しているだけだと思うが、半平太自身も、攘夷を実行するために上に接近しているだけ。
どちらもそのために加尾を利用するという結末が悲しい。
しかも『加尾が行かなければ、兄が腹を切ることになる』というくだりは、八犬伝を思い出す。

「自分の意思で」加尾は行くと知って落胆する龍馬。
でも本当は自分の意志ではなかったんだよな。
「自分の意思で進む道を決める」という思いを龍馬に託して、加尾は物語からフェイドアウトか。
登場期間は短いけど、いい役割ではあったと思う。


片や弥太郎は、吉田東洋の目にとまり、ほどなくして出世。
勉強のために長崎へ。
龍馬と再会した時の第一声

「次に会うときは、お前が挨拶も出来ない身分になっているぜよ!」

・・・どっかできいたような。
しかも現地で藩の金使いこんで左遷されるし、情けない。


今回のおまけ
NHK「爆笑問題のもうひとつの龍馬伝」予告
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/03/11 23:25 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |