FC2ブログ

飄々としているように見えても・・・。 龍馬伝・大器晩成
一件飄々としているように見えても、実は自分や将来に悩んでいる龍馬。
江戸へ行きたくてもいけない、民百姓の心をつかもうと思ってもつかめない。
大雨の中必死に俵を運ぶ龍馬は観てて痛々しいわ。
(朴念仁なところもあるけれど。)

それにしても、当時の百姓にとって、下士ってそんな軽いものだったのかね。
『土佐にいらんものは下士と犬の糞』って・・・。
中間管理職みたいなところはあるだろうが、やはり現場の人間なのに…。
コミュニケーションあまりとってなかったんですかね。
(『犬の糞』というのは『伊勢屋稲荷に犬の糞』からふくらましたんだろうけれど。)

一方、相変わらず底べを這いまわるような暮らしぶりで、常に龍馬に嫉妬をする弥太郎。
上京用のお金も父が酒代に使う・・・。
不憫極まりないなあ。

龍馬の仲間たちは龍馬が江戸に行けなくなったのを知って、やたら冷やかしていたけれど、行くことになって皆さんどう思っているのやら。
当時の龍馬はあまり人望がなかったようだね。

武市半平太は人望が厚かったみたいだけど、家族がいるから状況が出来ない・・。
その中で龍馬が上京するとあっては、相当腹立たしく感じるだろうな。
多分土佐に帰ってからの龍馬への風当たりは強くなるような気がする。
それが脱藩の一因になるのかね。

今回のおまけ

2010年度大河ドラマ 竜馬伝OP.wmv
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:龍馬伝 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2010/01/13 23:14 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(2) |
| ホーム |