FC2ブログ

銅の時代
先輩が忙しくなって指導ができなくなり、1ヶ月間なにもできなかった。(何もしなかっただけ?)
先生との相談のもとで、やっと実験が再開できるようになった。

それは酵母をヒト細胞のモデルとして用い、遺伝子の破壊が、細胞発育にどう影響を及ぼすかというもの。
その遺伝子ははDNAを丈夫にすると聞いたので、たぶんDNAがもろくなって細胞が発育しにくくなる、と考えたが・・・。


ギリシャ神話によれば、堕落と無気力が世を支配した時代(=現代)のことを鉄の時代と呼び、それより前の、荒々しい時代だが罪深くはない時代を銅の時代と言ったという。
やっと無為徒食から抜け出し、銅の時代に入った気分である。
教訓は、指示待ちではいけないということ、じっと考え、みんなと相談すれば自分のできることが見つかると言いましょうか。

院に入ったからには何か大きなことを成し遂げたいと考えているが、なかなかできずにいる。
このままで卒業したくはないのだ。
乱子さんのように修行してはいないけれど。

これから先就活も控えているが、医療の道に行くにせよ、研究の道に行くにせよ、何かみんなに影響を与えていきたいという思いは変わらない。
でも同時に、自分が一生心を安らげる場所も作りたいと考えている。
それはどこか。

なんだか人生も一種の研究のように思えてきている。
まだ、旅は続きそうである。

(みんな曲折を得て今に至っているんだけどね。
うちの周りでも、薬学部に進みながら医学部への編入を考えた人もいれば(結局あきらめて薬剤師になったけれど)
医学部受験に連続落選し、30歳を過ぎても医学部受験に挑もうとする人もいる。)


今回のおまけ
映画『レイトン教授と永遠の歌姫
ジブリよろしく、メインキャストはみんな俳優なのね。(水樹奈々は声優だけど。)
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/12/19 17:50 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |