FC2ブログ

自分の居場所
うちの父は最近「孫がほしい、孫がほしい」と言っているんだよな。
挙句僕にも早く結婚することを進めている氏。
おいおい、今大学院生だぞ、僕

まあ、父の実家はそういう習慣があるらしい。
子供のころからそれを刷り込まれると、理論的にはおかしくても感覚でそれを薦めたくなるのかな。

もっともこれは日本に限ったことはなく、外国でもそうなんだとか。
アメリカでも『頭では黒人に対する偏見を感じていないのに、黒人と握手すると何となく気持ち悪いということがいまでもあるらしい。

僕は若いし(それに血の気が多い)、そういう習慣には抵抗したがる癖がある。
それに人が僕は好きになるかどうかわからないし。
それに僕には、一生をかける仕事も、何より、自分の居場所も見つけていない。
それを見つけるまでは、少なくとも

今日は研究室の大掃除で早く研究が終わり、夜のイブ礼拝へ。
研究室とは違って、気兼ねなく話せた。
案外、自分の居場所はすぐ近くにあるのかもしれない。

今回のおまけ
Mariah Carey Jesus Born On This Day - christmas collection
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:クリスマス☆ - ジャンル:日記

【 2009/12/25 00:01 】

| 教会(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
銅の時代
先輩が忙しくなって指導ができなくなり、1ヶ月間なにもできなかった。(何もしなかっただけ?)
先生との相談のもとで、やっと実験が再開できるようになった。

それは酵母をヒト細胞のモデルとして用い、遺伝子の破壊が、細胞発育にどう影響を及ぼすかというもの。
その遺伝子ははDNAを丈夫にすると聞いたので、たぶんDNAがもろくなって細胞が発育しにくくなる、と考えたが・・・。


ギリシャ神話によれば、堕落と無気力が世を支配した時代(=現代)のことを鉄の時代と呼び、それより前の、荒々しい時代だが罪深くはない時代を銅の時代と言ったという。
やっと無為徒食から抜け出し、銅の時代に入った気分である。
教訓は、指示待ちではいけないということ、じっと考え、みんなと相談すれば自分のできることが見つかると言いましょうか。

院に入ったからには何か大きなことを成し遂げたいと考えているが、なかなかできずにいる。
このままで卒業したくはないのだ。
乱子さんのように修行してはいないけれど。

これから先就活も控えているが、医療の道に行くにせよ、研究の道に行くにせよ、何かみんなに影響を与えていきたいという思いは変わらない。
でも同時に、自分が一生心を安らげる場所も作りたいと考えている。
それはどこか。

なんだか人生も一種の研究のように思えてきている。
まだ、旅は続きそうである。

(みんな曲折を得て今に至っているんだけどね。
うちの周りでも、薬学部に進みながら医学部への編入を考えた人もいれば(結局あきらめて薬剤師になったけれど)
医学部受験に連続落選し、30歳を過ぎても医学部受験に挑もうとする人もいる。)


今回のおまけ
映画『レイトン教授と永遠の歌姫
ジブリよろしく、メインキャストはみんな俳優なのね。(水樹奈々は声優だけど。)
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

【 2009/12/19 17:50 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
元気の出る作品
坂の上の雲の感想の続き

しかし陸軍大学といい、東大の予備門の連中と言い、血の気の多い連中が多いなあ。
メルケルが挑発すればやじり返す、寄席でも騒ぎまくる。
それが若さのエネルギーですかねえ。

夏目漱石はもう少し神経質で影があるイメージがあったんだけど、このころは陽気で、寄席でもやじりまくっていたなあ。
頭がいいから大学院まで進めたのはわかるけれど。
かたや落第する子規。
でも明るいのがいいなあ。
その明るさが視聴者にも伝染するといいんだけど。


今の世では考えられないくらい、陸軍学校はスパルタ教育。
しかしメルケルも熱いねえ。

海軍にはいった真之、どれだけ技術をあげるのだろう。

今回のおまけ
坂の上の雲ミュージアム
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:NHKスペシャルドラマ・坂の上の雲 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/12/12 23:08 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
元気の出る作品 ~坂の上の雲・感想~
坂の上の雲を見ていると元気が出ます。
秋山真之が将来に迷う姿と自分の姿が重なります。
僕も将来に迷っている。
「博士としてやっていくのはつらい」と言われて・・・。
博士に行けないのがつらいのか、それとも何もできずに終わるのがつらいだけなのか。
自分のやりたいこと、やれることは何なのか。

おっと話がそれた。
二流の博士になっていいのか悩んだ末、中退して軍人の道を突き進んだ真之。
時に大きな決断が大事だよね。

続きはまた今度

今回のおまけ
秋山兄弟の銅像

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:スペシャルドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/12/09 23:39 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
人間いたるところ青山あり ~坂の上の雲感想~
男児立志出郷関  男児 志立てて郷関を出づ
学若無成不復還  学 もし成るなくんば 復(また)還らず
埋骨何期墳墓地  骨を埋むるに 何ぞ期せん墳墓の地を
人間到処有青山  人間(じんかん)到る処青山あり



人は誰しも、志を求めて旅立つもの。
角さんが好んでいたこの詩、最近僕にもしみじみと感ぜられる。
(映画のROOKIESでも川藤が吟味してたよね。)

そんなこんなで始まった『坂の上の雲
最初はだれが主人公なのか分からず、多少戸惑っていたんだけれども、話が進むにつれてだんだんと面白くなってきた感じかな。

特に中学時代の正岡子規が自由民権運動にはまりこんだあたりから。
取り押さえる景観、そいつを返り討ちにする秋山真之・・・。
今の学生運動となんら変わらん。

兄と子規が旅立って、ひとり松山に残って将来に迷う真之の気持ちは、研究室での研究に限界を感じ始めた僕の気持ちとすっごく重なるんだよね。
(指導担当の教授からきっぱり言われちゃったけど。)
大きな成果を出したい、でも何もできない。
そのもどかしさがなんとも。

そしてやっと東京に登れる日が来る。
うれしかっただろうなあ。
兄が住む離れのぼろ屋に下宿することになって、げんなりするのはわかるけれど。

寡黙で厳格な兄貴。
あっという間に軍人の道を歩み始めたよう。
無口で繊細なのは僕も同じなんだけど、僕の場合、どこか緩んでいるんだよなあ。
彼が下宿先の娘にどのようにひかれ、どう人間関係を気づいていくのか、それがみもの。

真之が武具屋に乱暴狼藉を働くイギリス人を見て、覚えたばかりのイギリス英語(『英国人の博愛精神』というやつね)を言って刃向う姿がなんともいえない。
若いうちは覚えた言葉をすぐ使いたがるし、無茶をする。
こんな無鉄砲さを僕も持ちたいもの。(『激しく、かつ繊細に』が僕のモットーだけど)


坂の上の雲、今回は若者の青春ドラマとして描いている感じが見事化もねえ。
今回は内藤と亀田の試合に視聴率を奪われてしまったようだけど。
期待しています。

ところで、
人間いたるところ青山あり
という言葉もあるけれど
生きながらの埋葬セネカ)』
という言葉もあるんだよな。(『青山』とは『墓場』という意味。)

今の世の中の人はわからないけれど、古今東西の人間の多くは、生きながらに埋葬されているような気がするんだよなあ一部の偉人を除いて。
僕が死ぬときに鳴くか笑うかはわからないけれど、まだしばらくは旅が続きそうです。
人生そんなもんなんだろうけれど。


『精神的活動無き閑暇は一種の死であり、人間の生きながらの埋葬なり。(セネカ)』

今回のおまけ
NHKスペシャルドラマ坂の上の雲」 Stand Alone

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

テーマ:スペシャルドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/12/05 23:59 】

| 大河ドラマ 龍馬伝 感想(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(1) |
前ページ | ホーム | 次ページ