FC2ブログ

泣いた三成 ~天地人感想~
秀次、あっという間に切腹。
ほんとあっけなかったなあ・・・・。
キャラもほとんどつかめなかったし。

もともと豊臣秀次の評価は賛否両論だよね。
『殺生関白』と呼ばれた苦労知らずの狂騒人か、穏やかで知的な人だったか。
どちらの秀次像も見られぬまま去った感じで、なんか哀れ。

方や再登場の秀秋。
下の肖像画のように、どこか弱弱しい印象を否めない人物。
小早川秀秋
今回はやたら無邪気な感じだね。
無邪気かつ、弱弱しいいといったところかねえ。でも憎めない。
新たな秀秋像が出来上がるかねえ。

さて、方や暴走しがちな家康を抑えるために、石田三成と相談して直江兼続は六大老・五奉行制度を考える。
・・・しかし兼続が関わっていたという史実はないんだが、しかも最初から大老は五人だし。
大老の一人であった小早川隆景が亡くなったのちに、上杉景勝が大老になるはずなのだが。
突っ込みどころが多いなあ。

しかし秀吉を説き伏せるのに三成、泣き落としを使うとは・・・。
ずいぶん変わりましたなあ。
しかも秀吉も泣いた三成を見て承諾。人たらしの性格はまだ残っているらしい。


こうして家康をけん制するための大老・奉行制が完成したものの、家康は巧みな策略で切り抜ける。
まだまだホトトギスが鳴くまで待っているようです。


今回のおまけ
隅田川花火大会。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト



テーマ:天地人 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【 2009/08/21 23:57 】

| 大河ドラマ(天地人) | コメント(2) | トラックバック(2) |
| ホーム |