電化製品購入
今日は父と一緒に、ヨ○バシ○○ラに、パソコンの外付けハードディスクとDVDプレーヤーを購入しに行ってきました。

パソコンが日常にこれだけ入り込んでいると、いざ不具合が出た時に本当に困ってしまいます。
だから、もしもの時に備えて、パソコンの中のデータをバックアップしておく必要があります。
今までは、CDに焼き付けてデータをバックアップしていたのですが、いちいち面倒なので、何かほかの方法がないかと調べた結果、ハードディスクに直接アップする方法を知ったのです。
そこで、このたび外付けのハードディスクを購入することに。

あらかじめ、『価格.com』というサイトで、そのハードディスクのおおよその値段を調べるように父に言われて、最高の価格・最低の価格を調べておきました。そのため、ヨ○バシの製品が高いのか、安いかを知ることが出来ました。
ちなみに、ハードディスクの値段は相場より安かったので、即購入することにしました。

もう1つ。
家族と相談の上、DVDとビデオが一体となったDVDプレーヤーも新しく買うことになっていました。
これも価格.comで調べておいたため、ヨ○バシの価格がで安いかどうかがわかりました。
つくづくインターネットの便利さを感じます。

今日は、ヨ○バシの価格は比較的高かったため、父が値段交渉をすることに。目標の価格以外では購入しない予定でしたので。

『価格.com』では、平均はこのくらいなんですよ。」などと交渉を繰り返すと、価格を下げてはくれたのですが、どうしても目標の価格には届かなかったため、今回は出直すことに。

『高いものを買うときは、あらかじめ情報を集め、妥当な価格で購入するために店員と交渉することも時には必要である。』

父はこのことを伝えたかったのだと思う。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

スポンサーサイト
【 2006/12/29 11:00 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
教会に行くのは今日なり
冬期休暇が始まって以来、後期試験対策の勉強に打ち込んでいる僕。
しかし最近雑念が多く、ろくすっぽ、はかどらなくなってしまいました。
最近見た作品のお涙頂戴のシーンが、頭から離れなかったりで・・・。(その作品に関しては別の機会にお話しします)

そこで、気分転換として教会に行くことに。
もともとキリスト教系の中学・高校だったので、しばしばその教会には通っていたのですが、大学進学を境にほとんど行かなくなっていました。ここに通う人は人格的に尊敬できる人が多いので、話していくことでストレス解消にもなると思ったのです。

20061224225244.jpg


イブの日だけあって、多くの人が教会に来ていました。
僕と同じ年代の若者も来ていて、その人は気さくに僕に話しかけてくれました。
国立大の大学院博士課程で雷の研究をしている人で、論文作成中の人です。
「試験勉強をしているのですが、集中が出来ないのです。どのようにしたらいいと思いますか?」
と話しかけると、その人は、
「僕の場合は、1日か2日勉強から離れていた。そうすることで、自分を追い込んでいった。」と話していました。
なるほど、と思いましたが、「どうも自分には出来ないなあ。」とも思いました・・・。(^_^;)
でも、悩みの相談に乗ってくれただけでもよかったと思いました。
人間って不思議なもので、自分の心の中にたまっている悩み・鬱屈を人に話すことで、気持ちが軽くなるんですね。
『ロビン・フッドの愉快な冒険』のなかで、ロビン・フッドが若者に「話をすれば心の悲しみも、幾分軽くなるものだ。」と話しかけていましたが、まさにその通りだと思いました。

賛美歌の合唱を聞いたり、キリストの教えについて牧師が説教をしたりと、気分が晴れていく感じがしました。
久々に教会の人と出会って、いろいろと話が出来たこともよかったです。

教会から帰ったあとは、早速ドイツ語の試験勉強。

が・・・・。

やっぱり雑念が残って集中できない。(例のお涙頂戴のシーンが頭に焼き付いて・・・。)

これじゃあ気分転換の意味がない。(T_T)
本当に俺って情けないとつくづくおもいました・・・。

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

【 2006/12/24 22:54 】

| 教会(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(0) |
いつ使いこなせる? 整髪料
今年から整髪料を使い始めた僕。
最初に使ったのは、資生堂のウーノ・ワイヤリングファイバー。
『ファイバー、変身!!』の掛け声でお笑い芸人たちが変身するCMが気に入ってしまい、特別その整髪料に思い入れはなかったのですが、買うことにしました。
しかしながら扱いが難しく、コマーシャルのようにかっこよくは決まりません。
量が多すぎて髪がべとつき、それにごみがくっつくと言う惨事になったりも。

そこで今日、ツルハドラッグで新しく整髪料を買うことにしました。
マンダムの『ギャッツビー』と言う奴です。
買う前に別のドラッグストアでテスターを使ったことがあるのですが、非常に整髪剤の伸びがよく、比較的使いやすいと思いました。

買う前にテスターを使って慣れようと思ったのですが、どれもこれも使い切っていて空っぽ。わずかに『グランジマット』(つやなしスタイルの整髪料)が残っていたのですが、水分が蒸発していてカピカピ・・・。
もう少し何とかしてほしい、と思いました。

僕は『ルーズシャッフル』(ラフなパーマで決めるタイプ)がいいと思ったですが、回りからは「もう少し髪を立たせたほうがいいのではないか、髪のツヤもあったほうがいいのではないか」と言われ『スパイキーエッジ』を勧められました。
使うには髪が長すぎる、と思いましたが、『髪を立たせるのも悪くないな』と思い直し、ミニサイズを買うことにしました。

家に帰って、早速使うことに。
ホームページに使い方についての動画があったので、見よう見まねで髪に塗りたくりました。

結果は・・・ワイヤリングファイバーほどではないのですが、ちょっとべとつく結果に。
髪もちょっと中途半端に立っていて、全然決まりませんでした。(T_T)

整髪料をかえても使い手の技術が未熟じゃあなあ。
使いこなせるのはいつの日になることか。(ToT)/~~~

ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

【 2006/12/23 23:51 】

| 日々の生活(SPIRIT) | コメント(0) | トラックバック(0) |
床屋に行ってきました
はい、タイトル通り床屋に行き、髪をばっさり切ってきた早乙女乱子です。こんばんは。SPIRITさんの考察の上にこんなくだらん日記が来るのは申し訳ないですが、ま、ちょっとおつきあいください。

ホントにすごい髪型だったんですよ。前髪は目が完全に隠れるぐらいだったし、全体的にボリュームが多すぎだったし(爆。2ヶ月放置した結果ですが、それほど気にもとめず今日まで…そろそろ切ろうかなあ、と思う前に家族から「床屋に行け」と言われてしまいました。

10年以上近所の床屋に行っていたんだけど、今回はいろいろとありまして、少し足を伸ばすことに。最初に行ったのは、自宅から自転車で10分ほど走ったところにある温泉に併設されている床屋。そこで切ってもらうとしたら、帰りに風呂に入ってこようと着替えも持っていったんですが…

高かったorz

カットと顔そりだけで3000円はないだろう。それだったら今までの床屋の方がまだ安い。結局入るのをやめて通学路にある床屋まで行って、サイドは耳にかかるかからないかぐらいまで、後ろ髪も襟にかからないところまで切ってもらいました。ちなみに、そこはカット、顔そり、シャンプー全て含めて2000円。今までの床屋の半額で切ってもらうことができました。

安く切ってもらったこともそうだが、仕上がりもけっこうよかったし、満足である。頼んでもなかなか自分の思ったような髪型にしてもらえないことが多かったのでなおさらだ。ま、それはともかく、次もこの店で切ってもらうことになりそうだ。
ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

【 2006/12/22 21:39 】

| 乱子 | コメント(0) | トラックバック(0) |
乱子さんの『らんま』、SPIRITの『八犬伝』
 八犬伝 』 を知っていますか?

滝沢馬琴が書いた長編小説で、里見家(千葉を支配する大名)の姫が犬と結ばれて「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」 の、8つの玉を生み、それを持つことになった8人の若者が里見家を立て直すという物語。
悪を懲らしめ、良いことを勧めようという 『勧善懲悪』 をテーマにしたものです。
ベストセラーとなり、歴史の教科書にも載るほどになりました。

昨日のブログのP.S.に  『就職セミナーに行った帰りに本屋で八犬伝を読んだ』 と書きましたが、最近、僕は八犬伝に夢中になっています。

去年から興味を持ったのですが、今年の正月の新春ドラマ スペシャル 里見八犬伝(タッキー(滝沢秀明)主演)』によるものではないのです。


20061222191155.jpg



実は八犬伝との付き合いはもっと幼少にさかのぼります。

最初に八犬伝について知ったのは小学1年か2年の時。
とあるチャンネルで、アニメ『THE 八犬伝』を見たのです。しかし、断片的にストーリーが挿入されていたり、現実だか夢だかわからないような演出だったりで、何が何やらさっぱりわからず、当時小学生だった僕は、全然興味がわきませんでした。

原作のストーリーをはじめて知ったのは、中学生になってから。
図書室に『コミック版 南総里見八犬伝 上巻』があり、気になって読んでみました。
天守閣の屋根で戦ったり、不思議な術を使う人物が現れたりと、結構面白く、気がついたらのめりこんでいました。
ところが、図書館に上巻しかなかったため、話が中途半端なところで終わってしまい、そのうち忘れてしまいました。

で、八犬伝への興味を決定的にしたのが、タッキー主演のドラマだったと言うわけです。

なぜ僕が八犬伝に魅力を感じたのか?

1つには、原作の文体。
五・七・五の文章が続いていく文章で、非常にリズミカルで読みやすいのです。
母の実家が千葉県南房総だと言うのも、僕が八犬伝に興味を持った理由のひとつ。
これを機会に、戦国時代の千葉の歴史を知ろうと思いました。

そして、これが1番の理由。
勧善懲悪の物語と言うと、戦隊ヒーローや水戸黄門のように、登場人物が善玉、悪玉に分かれていて、現実的でないと思ってしまうのですが、八犬伝の人物、特に悪玉は、非常にリアルなのです。
特に、欲に負けやすいという点で。
例えば、目先の金に目がくらんで、結局は損をしてしまったり、更なる出世を望んで身の破滅を招いたり。
(ドラマでは泉ピン子が演じた悪女とか。はまり役でした(^_^;))

八犬伝は非常に奥の深い物語です。
今のところ僕は、『白龍亭』などの八犬伝ファンサイトで情報を集めたり、本屋で立ち読みする程度しかしていないのですが、そのうちじっくり読んでいこうと思います。


ブログパーツ アクセスランキング

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村



ブログランキング

ドラマQ

【 2006/12/22 19:28 】

| その他の趣味(SPIRIT) | コメント(2) | トラックバック(2) |
| ホーム | 次ページ